Now Loading...

医学科・大学院医歯学総合研究科(医学系)

寄附講座
教授
寄附講座
講師
特任研究員
所在地
MAIL
分野HP

概要

研究活動

  • 地域医療構想、保健医療計画の進展に向けた調査・研究の実施
  • 地域医療分析、医療政策立案に資する研究の実施
  • 患者受療動向の変化を踏まえた社会調査の実施
  • 各種医療統計データに基づく各構想区域の現状分析、課題分析、解決策案の検討
  • 医療の質評価に関する研究の実施

教育活動

大学院医療管理政策学(MMA)コース等を通じて関連する学生教育の実施等

事業業績

東京都の医療行政を把握する上で必要と考える分析の実施

教育・研究の成果

原著

1.森脇睦子,鳥羽三佳代,尾林聡,伏見清秀.重症度、医療・看護必要度を用いた転倒転落ハイリスク患者の識別モデルとリスクコア開発に関する検討.日本医療・病院管理学会2019;56(2):5-14

2.森脇睦子,鳥羽三佳代,伏見清秀.患者構成の違いに着目した病棟毎の医療機能評価手法の検討.日本医療マネジメント学会雑誌 2019;20(3):126-132,2019

3.Morioka N, Moriwaki M, Tomio J, Kashiwagi M, Fushimi K, Ogata Y. Structure and process of dementia care and patient outcomes after hip surgery in elderly people with dementia: A retrospective observational study in Japan.Int J Nurs Stud. 2019 Nov 7;102:103470. doi: 10.1016/j.ijnurstu.2019.103470.

4. 山内和志,田口 健、森脇睦子、河原和夫.東京都の医師の近隣県への派遣の状況に関する検討− 2018 年 東京都が実施した調査に基づく分析 –.厚生の指標(投稿中)

5.長井一浩、菅河真紀子、宮崎泰司、河原和夫. 医療機関における災害時等の血液製剤供給不足への対策準備状況 日本輸血・細胞治療学会誌(投稿中)


国際学会

1.Mutsuko Moriwaki,Mikayo Toba, Chihiro Takahashi, Yoshibumi Aiso, Yoshiro Hadano, Yoko Nukui, Satoshi Obayashi, Kiyohide Fushimi . Development of a Technique to Monitor the Implementation of De-escalation of Antibacterial Agent. International Forum on QUALITY & SAFETY in HEALTHCARE.Taipei,2019/9/19-20

2.S. Sugita, T. Kogure, J. Sakurai, M. Yamada, T. Komuro, M. Okada, K. Mera, H. Nishida, T. Nakasone, T. Tachibana, I. Kasuga, Y. Nishi, N. Hanaoka, M. Sugawa, O. Takashio, M. Sumitani, K. Kawahara, A. Iwanami, T. Danbara, K. Yonezu, M. Nemoto, T. Murakami. Barbiturates Adversely Affect the Prognosis of Patients with Acute Drug Intoxication. 第19回世界精神医学会WPA(World Psychiatric. Association)総会.2019年8月23日.リスボン


国内学会

1.森脇睦子,湯浅ひとみ,鈴木英明,小林廉毅,脳性まひ児の介護負担に影響を与える要因に関する探索的検討,第78回日本公衆衛生学会学術集会(高知).2019年10月23-25日

2.河原和夫. 輸血医療に関わる一連の感染症検査の政策的・経済的考察. 第67回日本輸血・細胞治療学会シンポジウム 2019年5月23日.熊本市

3.河原和夫、菅河真紀子、松井健、長谷川久之、大山功倫、熊澤大輔、小暮孝道.献血状況の経年変化と地域特性について.第78回日本公衆衛生学会総会.2019年10月25日.高知市

4.大山功倫、大家俊夫、長谷川久之、冨田清行、松井健、熊澤大輔、菅河真紀子、河原和夫.本邦の診療科間における喘息治療の差に関する検討..第78回日本公衆衛生学会総会.2019年10月25日.高知市

5.長谷川久之、大山功倫、大家俊夫、冨田清行、松井健、熊澤大輔、菅河真紀子、河原和夫.医師の働き方改革に関する検討会報告書にみる到達点の適切性についての考察


講演・口頭発表等

1.山内和志.医師確保計画と外来医療計画について.第3回地域医療推進委員会(東京).東京都医師会.令和元年11月21日

2.山内和志.医師確保計画と外来医療計画について.第2回病院委員会(東京).東京都医師会.令和元年10月25日

3.河原和夫.「医療の方向性を考える」 岡山県自治体病院協議会.岡山市民病院.2019年9月7日

4.河原和夫.「行政計画の具体化をめぐる課題について」NPOメンタルケア協議会 第20回シンポジウム.青山学院大学.2019年11月11日