Now Loading...

医学科・大学院医歯学総合研究科(医学系)

教授
准教授
講師
助教
所在地
MAIL
分野HP

概要

研究・教育について

研究

当分野の研究では、「研究の臨床応用」を合言葉に、研究課題として①各種癌(胃癌、大腸癌、乳癌)の予後因子の同定、②抗がん剤の感受性因子の同定、③新規抗がん剤の開発、を掲げています。研究手法としては、従来のDNA解析、RNA解析、タンパク解析に加え、基礎の分野と協力し統合的解析(オミックス)も行っています。これらの研究結果は、Cancer Research, Clinical Cancer Research, International Journal of Cancer, Annals of Surgical Oncology, Disease of the Colon and Rectumなどに発表されています。このように、腫瘍外科学分野では、臨床に応用できる基礎研究で成果をあげております。



教育

当分野で担当している領域は、主に消化器外科、乳腺外科です。社会人大学院生として、臨床、研究を両立させつつ、学位取得が可能です。また最短期間で外科専門医を取得するプログラムを準備しています。その後の学位取得、各専門医取得まで、「一人前の外科医」になるまでのサポートを最大限に行っています。他大学出身者も多く、女性医師も増えており、女性外科医師のキャリア形成にも力を入れています。毎年秋には当科主催の腹腔鏡下手術講習会を行い、当科医師、関連病院医師、研修医および手術室スタッフが参加し、腹腔鏡下手術手技向上のための講習会を行っています。



  • RealTime PCRによるmRNA発現量の解析

    RealTime PCRによるmRNA発現量の解析

  • マイクロアレイを用いた遺伝子の網羅的解析

    マイクロアレイを用いた遺伝子の網羅的解析

  • マイクロサテライト不安定性(MSI)の解析

    マイクロサテライト不安定性(MSI)の解析

業績

業績1

Kobayashi H, Mochizuki H, Kato T, et al. Lymph node ratio is a powerful prognostic index in patients with stage III distal rectal cancer: a Japanese multicenter study. Int J Colorectal Dis 26(7):891-6, 2011.

業績2

Kobayashi H, Mochizuki H, et al. Characteristics of recurrence after curative resection for T1 colorectal cancer: Japanese multicenter study. J Gastroenterol 46(2):203-11, 2011.

業績3

Okazaki S, Ishikawa T, Iida S, et al. Clinical significance of UNC5B expression in colorectal cancer.
Int J Oncol.,40(1):209-16, 2012.

業績4

Nagahara M, Nishida N, Iwatsuki M,et al. Kinesin 18A expression: clinical relevance to colorectal cancer progression. Int J Cancer, 129(11):2543-52, 2011.

業績5

Tsukamoto S, Ishikawa T, Iida S, et al. Clinical Significance of Osteoprotegerin Expression in Human Colorectal Cancer. Clin Cancer Res,17(8):2444-50,2011.

業績6

Nagahara M, Mimori K, Kataoka A, Ishii H, Tanaka F, Nakagawa T, Sato T, Ono S, Sugihara K, Mori M. Corelated expression of CD47 and SIRPA in bone marrow and in peripheral blood predicts recurrence in breast cancer patients.
Clin Cancer Res 16(18):4625-4635、2010

業績7

Kobayashi H, Mochizuki H, Kato T, et al. Is Total Mesorectal Excision Always Necessary for T1-T2 Lower Rectal Cancer? Ann Surg Oncol 17(4):973-80, 2010.

業績8

Enjoji M, Yamada H, Kojima K, Inokuchi M, Kato K, Kawano T, Sugihara K. Scoring System for Evaluating Functional Disorders Following Laparoscopy-Assisted Distal Gastrectomy. J Surg Res,164(2):e229-33, 2010.

業績9

Matsuyama T, Ishikawa T, Mogushi K, et al. MUC12 mRNA expression is an independent marker of prognosis in stage II and stage III colorectal cancer. Int J Cancer.127(10):2292-9, 2010