Now Loading...

医学科・大学院医歯学総合研究科(医学系)

寄附講座教授

(小児科)

髙木 正稔

所在地
寄附講座准教授

(産科)

石川 智則

寄附講座講師

(小児科)

細川 奨

寄附講座助教

(小児科)

森丘 千夏子

(産科)

中筋 貴史
齊藤 和毅

所在地
MAIL
分野HP

概要

診療について

各々のスタッフが小児科、産婦人科で診療にあたっている。

研究について

小児科

小児血液腫瘍、循環器、新生児を専門とする教員が、発生発達病態学分野と連携し、各々研究を推進している。小児血液腫瘍分野においては、小児がん発症にかかわる遺伝的背景の解明に関する研究、小児がんの治療法開発、毛細血管拡張性運動失調症に対する治療法開発、自己免疫を主徴とする免疫調節異常症の病態解明などの基礎研究などを行っている。循環器分野においては肺動脈性肺高血圧症のレジストリ研究を基盤とし、肺動脈性肺高血圧症発症の遺伝的背景の研究および治療法開発をおこなっている。また冠動脈瘤を伴う川崎病のレジストリ研究に参加している。新生児領域においては、臍帯由来間葉系幹細胞を用いた胎児脳損傷治療法開発を行うとともに、早産児疾患成立における間葉系幹細胞の関与についても明らかにする。
臨床研究として、日本小児がん研究グループで行われる多くの臨床試験に参加している。ほかに原発性免疫不全症レジストリを用いたラパマイシンの医師主導治験研究を治験実施代表施設として行っている。また肺動脈性肺高血圧症のレジストリ研究を介して、日本の小児肺動脈性肺高血圧症治療にかかわる多くの情報を発信している。

周産・女性診療科
  1. 妊娠中の自律神経機能と血管特性の変化(臨床研究)

  2. 妊娠中の母体脳循環動態の解明(臨床研究)

  3. 難治疾患合併妊娠の周産期管理に関する臨床的解析(臨床研究)

  4. 精神疾患合併妊娠における薬物動態に関する研究(臨床研究)

  5. 母児エピゲノムの体系的解析(臨床研究)

  6. 妊孕性機能の温存に主眼を置いた低侵襲婦人科手術の開発

  7. 生殖医療の提供

  8. 妊孕性温存のための卵子 · 胚 · 卵巣組織凍結、精子凍結

教育について

小児科
  1. 医学科 3· 4 年生のブロック講義、PCC 講義

  2. 医学科 5· 6 年生の臨床実習ディレクター担当

  3. Webカンファレンスによる学内外講師の講演

  4. 医学科学生少人数グループに対する先天性心疾患 · 原発性免疫不全症レクチャー

周産・女性診療科
  1. 医学科ブロック講義における産科学 · 婦人科学、クリニカルクラークシップでは周産期医学 · 婦人科学に関するミニレクチャーを行うと同時に、分娩立会い、処置 · 手術への積極的な参加を促した。

  2. 初期研修医 · 後期研修医には病棟診療グループの一員として分娩、処置、手術に参加してもらった。また外部講師にレクチャーを依頼し、update な知識の習得に努めた。

  3. 土浦協同病院との合同カンファレンス、シミュレータを活用した実践教育を行った。

業績

小児科

[原著]

  1. Tanaka Y, Urayama KY, Mori M, Arakawa Y, Hasegawa D, Noguchi Y, Yanagimachi M, Keino D, Ota S, Akahane K, Inukai T, Hangai M, Kawaguchi T, Takagi M, Koh K, Matsuda F, Manabe A. Prominence of NUDT15 genetic variation associated with 6-mercaptopurine tolerance in a genome-wide association study of Japanese children with acute lymphoblastic leukaemia. Br J Haematol;199(2):260-269. 2022

  2. Isobe T, Takagi M, Sato-Otsubo A, Nishimura A, Nagae G, Yamagishi C, Tamura M, Tanaka Y, Asada S, Takeda R, Tsuchiya A, Wang X, Yoshida K, Nannya Y, Ueno H, Akazawa R, Kato I, Mikami T, Watanabe K, Sekiguchi M, Seki M, Hiwatari M, Kato M, Fukuda S, Yamamoto S, Tatsuno K, Tsutsumi S, Shiozawa Y, Shiraishi Y, Chiba K, Tanaka H, Kotecha RS, Cruickshank MN, Morio T, Eguchi M, TDeguchi T, Kiyokawa N, Arakawa Y, Koh K, Aoki Y, Ishihara T, Tomizawa D, Miyamura T, Ishii E, Mizutani S, Wilson NK, Göttgens B, Miyano S, Kitamura T, Goyama S, Yokoyama A, Aburatani H, Ogawa S, Takita J. Multi-omics analysis defines highly refractory RAS burdened immature subgroup of infant acute lymphoblastic leukemia. Nature Comm;13(1):4501. 2022

  3. Escudero A, Takagi M, Auer F, Friedrich UA, Miyamoto S, Ogawa A, Imai K, Pascual B, Vela M, Stepensky P, Yasin L, Elitzur A, Borkhardt A, Pérez-Martínez A, Hauer J. Clinical and immunophenotypic characteristics of familial leukemia predisposition caused by PAX5 germline variants. Leukemia;36(9):2338-2342. 2022

  4. Takagi M, Ogawa C, Iehara T, Aoki-Nogami Y, Ishibashi E, Imai M, Kimura T, Nagata M, Yasuhara M, Masutani M, Yoshimura K, Tomizawa D, Ogawa A, Yonemori K, Morishita A, Miyamoto S, Takita J, Kihara T, Nobori K, Hasebe K, Miya F, Ikeda S, Shioda Y, Matsumoto K, Fujimura J, Mizutani S, Morio T, Hosoi H, Koike R. First phase 1 clinical study of olaparib in pediatric patients with refractory solid tumors. Cancer;128(15):2949-2957. 2022

  5. Matsudera S, Kano Y, Aoyagi Y, Tohyama K, Ogino K, Okamoto K, Yamaguchi T, Watanabe S, Nakajima M, Morita S, Nakamura T, Suzuki K, Tsuchioka T, Kojima K, Miyake S, Takagi M, Ikeda S. Pilot Study of Comprehensive Genomic Profiling for Pediatric and Adolescent and Young Adult Solid Tumor Patients in Japan. Dokkyo Med J;1(1):56-62. 2022

  6. Aoyagi Y, Kano Y, Tohyama K, Matsudera S, Kumaki Y, Takahashi K, Mitsumura T, Harada Y, Sato A, Nakamura H, Sueoka E, Aragane N, Kimura K, Onishi I, Takemoto A, Akahoshi K, Ono H, Ishikawa T, Tokunaga M, Nakagawa T, Oshima N, Nakamura R, Takagi M, Asakage T, Uetake H, Tanabe M, Miyake S, Kinugasa Y, Ikeda S. Clinical utility of comprehen sive genomic profiling in Japan: Result of PROFILE-F study. PLoS One; 17(3): e0266112. 2022

  7. Eguchi S, Isoda T, Yamaguchi A, Takagi M. Novel variants for Glanzmann thrombasthenia manifesting with purpura at birth. Pediatr Int;64(1):e15149. 2022

  8. Honda T, Yamaoka M, Terao YM, Hasegawa D, Kumamoto T, Takagi M, Yoshida K, Ogawa S, Goto H, Akiyama M. Successful treatment of hepatosplenic T-cell lymphoma with fludarabine, high-dose cytarabine and subsequent unrelated umbilical cord blood transplantation. Int J Hematol;115(1):140-145. 2022

  9. Ohkawa T, Nishimura A, Kosaki K, Aoki-Nogami Y, Tomizawa D, Kashimada K, Morio T, Kato M, Mizutani S, Takagi M. PAX3/7-FOXO1 fusion-negative alveolar rhabdomyosarcoma in Schuurs-Hoeijmakers syndrome. J Hum Genet. J Hum Genet;67(1):51–54. 2022

  10. Hoshino A, Toyofuku E, Mitsuiki N, Yamashita M, Okamoto K, Yamamoto M, Kanda K, Yamato G, Keino D, Yoshimoto-Suzuki Y, Kamizono J, Onoe Y, Ichimura T, Nagao M, Yoshimura M, Tsugawa K, Igarashi T, Mitsui-Sekinaka K, Sekinaka Y, Doi T, Yasumi T, Nakazawa Y, Takagi M, Imai K, Nonoyama S, Morio T, Latour S, Kanegane H. Clinical Courses of IKAROS and CTLA4 Deficiencies: A Systematic Literature Review and Retrospective Longitudinal Study. Front Immunol; 12:784901. 2022

  11. Noguchi Y, Shidei T, Morioka C, Kashimada K, Morio T. A suspected case of heterotopic glia in an MM-twin discordant for anencephaly. Pediatr Int; 64(1):e15027. 2022

  12. Yusuke Noguchi, Atsuko Taki, Izumi Honda, Manabu Sugie, Tsunanori Shidei, Kazuyuki Ito, Haruka Iwata, Akira Koyama, Kaoru Okazaki, Masatoshi Kondo, Chikako Morioka, Kenichi Kashimada, Tomohiro Morio. Transcriptome analysis of umbilical cord mesenchymal stem cells revealed fetal programming due to chorioamnionitis Sci Rep; 12(1):6537. 2022

  13. Matsumura T, Hosokawa S, Hanaoka M, Abe Y, Iwamoto T, Maeda S. Transient ventricular bigeminy during emergence from general anesthesia in a pediatric patient with catecholaminergic polymorphic ventricular tachycardia. Journal of electrocardiology; 73:38-41. 2022

  14. Yoshinaga M, Horigome H, Ayusawa M, Yasuda K, Kogaki S, Doi S, Tateno S, Ohta K, Hokosaki T, Nishihara E, Iwamoto M, Sumitomo N, Ushinohama H, Izumida N, Tauchi N, Kato Y, Kato T, Chisaka T, Higaki T, Yoneyama T, Abe K, Nozaki Y, Komori A, Kawai S, Ninomiya Y, Tanaka Y, Nuruki N, Sonoda M, Ueno K, Hazeki D, Nomura Y, Sato S, Hirono K, Hosokawa S, Takechi F, Ishikawa Y, Hata T, Ichida F, Ohno S, Makita N, Horie M, Matsushima S, Tsutsui H, Ogata H, Takahashi H, Nagashima M. Electrocardiographic Diagnosis of Hypertrophic Cardiomyopathy in the Pre- and Post-Diagnostic Phases in Children and Adolescents. Circulation journal: official journal of the Japanese Circulation Society; 86(1):118-127. 2021

  1. 森田俊平, 水野朋子, 清水一秀, 田村友美恵, 鈴木智典, 柳町昌克, 磯田健志, 高木正稔, 稲次基希, 前原健寿, 森尾友宏. 軽微な受傷機転から急性硬膜外血腫を発症し、Fanconi貧血の診断に至った1例. 小児科臨床. 75(1):142-146. 2022

[講演・口頭発表等]

  1. Franziska Auer, Adela Escudero, Mikko Sipola, Anna Viitasalo, Mina Morcos, Ulrike Anne Friedrich, Aleksandra Pandyra, Arndt Borkhardt, Masatoshi Takagi, Julia Hauer. PAX5 Deficiency and Germline Susceptiblity to Pediatric Leukemia. 27th European Hemathology Association Congress (EHA2022) 2022.06.09 Vienna, Austria or Web

  2. Yohei Yamaguchi, Susumu Hosokawa, Yusuke Kajikawa, Yasuhiro Maejima, Mitsuaki Isobe, Tetsushi Furukawa, Shozaburo Doi. Pathophysiological Role of Dexmedetomidine for Monocrotaline-induced Pulmonary Arterial Hypertension in Rats.. The 8th Congress of the Asia-Pacific Pediatric Cardiac Society - APPCS 2021 2021.07.15 Web

  3. Yohei Yamaguchi, Susumu Hosokawa, Satoshi Nagahara, Ayako Nagashima-Otsuki, Taku Ishii, Tomoyuki Umemoto, Shozaburo Doi. How should we manage women with Kawasaki disease with giant coronary aneurysms who want a child? case reports. The 13th International Kawasaki Disease Symposium 2021.10.29 Web

  1. 高木正稔. 毛細血管拡張性運動失調症 (A-T) 治療の現状. 日本核酸医薬学会第7回年会2022.08.03 東京 (特別招待講演)

  2. 山本道雄, 荒木絵里子, 杉本龍之介, 高田ちひろ, 川崎裕介, 鈴木靖美, 本田朋子, 小林健, 細田愛, 鈴木真理, 木下眞里, 亀井聡信, 松崎陽平, 金兼弘和, 高木正稔, 山下行雄. 血小板, 好中球の2系統の血球減少で発症し末梢血中に血球貪食像を認めたCTLA4ハプロ不全の1例. 第125回日本小児科学会学術集会 2022.04.16 福島

  3. 金子千夏, 下山輝義, 長島彩子, 山口洋平, 渡邉友博, 石井卓, 細川奨. 運動時の失神を契機に特発性肺動脈性肺高血圧症 (IPAH) の診断に至った 5 歳女児例. 日本小児科学会 2021.04.16 Web

  4. 山口洋平, 細川奨, 梶川優介, 前嶋康浩, 磯部光章, 古川哲史, 土井庄三郎. 肺高血圧症進展過程におけるデクスメデトミジンの効果. 第6回日本肺高血圧 · 肺循環学会学術集会 2021.05.06 Web

  5. 細川奨, 石井卓, 石田秀和, 高月晋一, 内田敬子, 稲井慶, 小垣滋豊, 中山智孝, 田村雄一, 山岸敬幸, 土井庄三郎. 本邦の小児IPAH/HPAHレジストリ研究の構築. 第27回日本小児肺循環研究会 2021.05.07 Web

  6. 細川奨, 石井卓, 土井庄三郎. Pottsシャントは重症肺高血圧症の治療の選択肢になり得るか?. 第6回日本肺高血圧・肺循環学会学術集会 2021.05.07 Web

  7. 細川奨, 長原慧, 大槻彩子, 山口洋平, 渡邉友博, 石井卓, 土井庄三郎. 治療反応性~小児と成人の違い 患者さんに適切な治療を求めて~. 第6回日本肺高血圧・肺循環学会学術集会 2021.05.08 Web

  8. 石塚潤子, 持田靖子, 内山亜紀子, 梅澤佳央, 岡田啓五, 長田有生, 齊藤真貴子, 坂東夏菜, 藤原熙基, 厚井聡志, 野上彩子, 坂下千瑞子, 長尾俊景, 藤波景子, 前田留美, 村瀬有紀子, 満生紀子, 神谷尚宏, 磯田健志, 今井耕輔, 高木正稔, 梶原道子, 金兼弘和, 森尾友宏, 森毅彦, 山本正英. 小児期から成人期へ移行する患者支援における造血細胞移植コーディネーターの役割. 第44回日本造血・免疫細胞療法学会総会 2022.05.14 神奈川及びWeb開催

  9. 細川奨, 長原慧, 大槻彩子, 山口洋平, 渡邉友博, 石井卓, 土井庄三郎. 学校心臓検診で発見された副甲状腺機能低下症に伴う二次性QT延長症候群の2例. 第57回日本小児循環器学会総会・学術集会 2021.07.09 Web

  10. 山口洋平, 細川奨, 梶川優介, 長原慧, 大槻彩子, 渡邉友博, 石井卓, 古川哲史, 土井庄三郎. 肺高血圧症進展過程における Dexmedetomidine の効果. 日本小児循環器学会総会 · 学術集会 2021.07.09 Web

  11. 渡邉友博, 大槻彩子, 山口洋平, 石井卓, 細川奨, 土井庄三郎. 治療方針の決定に覚醒負荷が有用だった肺動脈性肺高血圧症の 2 例. 日本小児循環器学会総会 · 学術集会 2021.07.09 Web

  12. 長原慧, 大槻彩子, 山口洋平, 渡邉友博, 石井卓, 細川奨, 土井庄三郎. 小児肺高血圧症における selexipag の効果と副作用ならびに導入に影響を及ぼす因子の検討. 日本小児循環器学会総会 · 学術集会 2021.07.09 Web

  13. 四手井綱則, 野口優輔, 森丘千夏子, 滝敦子. 先天性高インスリン血症に胆汁うっ滞を呈した 4 例. 第 57 回日本周産期 · 新生児医学会学術集会 2021.07.11 web or 宮崎

  14. 勝碕静香, 野口優輔, 四手井綱則, 森丘千夏子, 滝敦子. 新生児原発性免疫不全症スクリーニング要精密検査症例における母体免疫抑制薬内服との関連について. 第 57 回日本周産期 · 新生児医学会学術集会 2021.07.11 web or 宮崎

  15. 滝敦子, 野口優輔, 四手井綱則, 森丘千夏子, 岡崎薫, 近藤昌敏, 本多泉. 絨毛膜羊膜炎を有する極低出生体重児における臍帯由来間葉系幹細胞プロファイル変化と新生児予後の検討. 第 57 回日本周産期 · 新生児医学会学術集会 2021.07.12 web or 宮崎

  16. 野口優輔, 四手井綱則, 森丘千夏子, 滝敦子. 多発肺嚢胞と無頭蓋症をそれぞれ認めた一絨毛膜一羊膜双胎の一例. 第 57 回日本周産期 · 新生児医学会学術集会 2021.07.12 web or 宮崎

[社会貢献活動]

  1. 日本小児科学会代議員(高木正稔), 2017年10月22日-2023年次期代議員決定時

  2. 日本小児血液・がん学会評議員(高木正稔), 2012年01月01日- 2023年定時社員総会日

  3. 日本癌学会評議員(高木正稔), 2014年01月01日- 2023年12月31日

  4. 日本血液学会評議員(高木正稔), 2007年01月01日- 2023年12月31日

  5. 日本小児科学会専門医試験出題委員(高木正稔), 2019年07月08日- 2023年3月31日

  6. 日本小児科学会研究活性化ワーキング委員(高木正稔), 2021年7月18日- 2023年3月31日

  7. 日本小児科学会学術員会委員(高木正稔), 2014年06月23日- 2023年通常総会日

  8. 日本血液学会COI委員(高木正稔), 2020年10月10日- 2023年10月10日

  9. 日本小児血液・がん学会学術集会プログラム委員会委員副委員長(高木正稔), 2018年06月28日- 2023年定時社員総会日

  10. 日本小児血液・がん学会遺伝性腫瘍委員会委員(高木正稔), 2020年06月28日- 2023年定時社員総会日

  11. 日本小児血液・がん学会専門医制度委員会委員(高木正稔), 2020年06月28日- 2023年定時社員総会日

  12. 日本免疫不全・自己炎症学会編集委員会委員(高木正稔), 2021年02月- 2023年定時理事会終了時

  13. 科学研究費委員会専門委員委員(高木正稔), 2021年11月01日- 2023年10月31日

  14. 関東甲信越地域小児がん医療提供体制協議会委員(高木正稔), 2013年07月- 現在

  15. 東京都小児・AYA世代診療連携協議会委員(高木正稔), 2021年04月01日- 2023年03月31日

  16. 東京都小児・AYA世代診療連携協議会小児がん診療部会委員(高木正稔), 2021年04月01日- 2023年03月31日

  17. 東京都小児・AYA世代診療連携協議会AYA世代がん診療連携部会委員(高木正稔), 2021年04月01日- 2023年03月31日

  18. 日本遺伝性腫瘍学会 Li-Fraumeni症候群ワーキンググループ委員(高木正稔)

  19. 日本小児がん研究グループ(JCCG)遺伝性腫瘍委員会委員(高木正稔)

  20. 日本小児がん研究グループ(JCCG)神経芽腫委員会委委員(高木正稔)

  21. 日本小児がん研究グループ(JCCG)分子診断委員会委員(高木正稔)

  22. 日本小児がん研究グループ(JCCG)Scientific committee member(高木正稔)

  23. 東京小児白血病研究グループ(TCCSG) 運営委員会委員(高木正稔)

  24. 東京小児白血病研究グループ(TCCSG) 診断研究委員会委員(高木正稔)

  25. iBFM genetic variation working group, member(高木正稔)

  26. European cooperation in science and technology, leukemia gene discovery by data sharing, mining and   collaboration, member(高木正稔), 2017年- 現在

  27. AT研究会代表世話人(高木正稔), 2017年- 現在

  28. 小児血液腫瘍免疫懇話会代表世話人(高木正稔)

  29. 関東甲越免疫不全症研究会世話人(高木正稔)

  30. 北関東小児がんセミナー世話人(高木正稔)

  31. 関東甲信越小児がん診療連携協議会委員(高木正稔)

  32. 東京都小児がん診療連携協議会委員(高木正稔), 2020年4月1日- 2023年03月31日

  33. 東京都小児・AYA世代がん診療連携協議会小児がん診療連携部会委員(高木正稔), 2020年10月1日- 2023年03月31日

  34. 東京都小児・AYA世代がん診療連携協議会各部会及びワーキンググループ(高木正稔), 2022年4月1日- 2023年03月31日

  35. がんの子供を守る会スマートムンストンキャンプ委員(高木正稔), 2018年- 現在

  36. がんの子供守る会小児がん経験者助言者(高木正稔), 2022年06月26日- 現在

  37. Medical Advisor to the Global A-T Family Data Platform A-T children’s project, member(高木正稔)

  38. 筑波大学附属小学校(児童の健康管理及び保健指導)(細川奨), 2020年 04月 01日 - 現在

周産・女性診療科

[原著]

  1. Kato Tsuguhiko, Sampei Makiko, Saito Kazuki, Morisaki Naho, Urayama Kevin Y.. Depressive symptoms, anxiety, and quality of life of Japanese women at initiation of ART treatment SCIENTIFIC REPORTS. 2021.04; 11(1); 7538

  2. Jwa Seung Chik, Ishihara Osamu, Kuwahara Akira, Saito Kazuki, Saito Hidekazu, Terada Yukihiro, Kobayashi Yasuki, Maeda Eri. Cumulative live birth rate according to the number of receiving governmental subsidies for assisted reproductive technology in Saitama Prefecture, Japan: A retrospective study using individual data for governmental subsidies REPRODUCTIVE MEDICINE AND BIOLOGY. 2021.06; 20(4); 451-459

  3. Iba Arisa, Maeda Eri, Jwa Seung Chik, Yanagisawa-Sugita Ayako, Saito Kazuki, Kuwahara Akira, Saito Hidekazu, Terada Yukihiro, Ishihara Osamu, Kobayashi Yasuki. Household income and medical help-seeking for fertility problems among a representative population in Japan REPRODUCTIVE HEALTH. 2021.08; 18(1); 165

  4. Kazuki Saito, Tomonori Ishikawa, Moeko Onose, Rinko Ibi, Kenichi Tatsumi, Naoyuki Miyasaka. Laparoscopic ultrasonography-guided myomectomy of submucosal myoma for preserving endometrial integrity Clin. Exp. Obstet. Gynecol. . 2021.10; 1-4

  5. Seung Chik Jwa, Osamu Ishihara, Akira Kuwahara, Kazuki Saito, Hidekazu Saito, Yukihiro Terada, Yasuki Kobayashi, Eri Maeda Social capital and use of assisted reproductive technology in young couples: Ecological study using application information for government subsidies in Japan SSM Popul Health. 2021 Dec 6; 16:100995. doi: 10.1016/j.ssmph.2021.100995. eCollection 2021 Dec

  6. Kenichiro Hiraoka, Nozomi Uchida, Tomonori Ishikawa and Kiyotaka Kawai. Value of Meiotic Spindle Imaging on Fertilization and Embryo Development Following Human Oocyte Piezo-ICSI Fertility & Reproduction. 2022; 4(1); 26-31

  1. 齊藤和毅. ART 治療を受ける場合の児への影響 臨床婦人科産科. 2021.01; 75(1); 113-118

  2. 光井潤一郎, 川井清考, 鎌田裕子, 栖原貴子, 田島麻記子, 大内久美, 林正路, 筋野徒志雄, 平岡謙一郎, 石川智則. 高齢女性における二個胚移植の臨床転帰の検討 日本受精着床学会雑誌. 2021.03; 38(1); 65-69

  3. 齊藤和毅, 衣斐凛子, 小野瀬萌子, 大野晴子, 加茂尚永, 岩原由樹, 石川智則. 腹腔鏡動画を用いた医学教育の有用性 日本産科婦人科内視鏡学会雑誌. 2021.12; 37(2); 37-42

[書籍等出版物]

  1. 齊藤和毅, 齋藤英和. ART と周産期異常,児の異常_ Science and Practice  産科婦人科臨床シリーズ  4  不妊症_第 4 章 生殖補助医療. 中山書店, 2021.08 (ISBN : 978-4-521-74764-4)

  2. 石川智則. 週間 医学のあゆみ 278 巻 8 号内解説/特集【不妊治療の現状と課題】PGT-A(着床前胚染色体異数性検査). 医歯薬出版株式会社, 2021.08

  3. 日本がん · 生殖医療学会 (編) 齊藤和毅. 石川智則 乳癌患者の妊娠 · 出産と生殖医療に関する診療ガイドライン 2021 年版. 金原出版株式会社, 2021.10 (ISBN :978-4-307-20435-4)

[講演・口頭発表等]

  1. 齊藤和毅、石川智則、勝又翔子、辰巳嵩征、岩原由樹、平光史朗. 妊孕性改善を目指した低侵襲手術の当院における工夫 ~不妊治療クリニックとの連携を目指して~. 第 155 回 関東生殖医学会 (Web 開催) 2021.05.08 東京

  2. 斉藤梨紗, 平光史朗, 高知佑輔, 齊藤和毅, 石川智則, 宮 坂尚幸. 抗凝固療法中の卵巣出血に対して GnRH アンタゴニスト製剤を用いた一例. 第 141 回関東連合産 科婦人科学会学術集会 2021.06.19

  3. 齊藤和毅、石川智則. 腹腔鏡超音波を用いた粘膜下子宮筋腫の核出 -子宮内膜の温存のために-. 第 61 回日本産科婦人科内視鏡学会学術講演会 2021.09.12 神奈川

  4. 木寺信之, 石川智則, 蓮井美帆, 寺岡香里, 竹村由里, 佐々木博, 依光毅, 清水康史, 大原基弘, 河村寿宏. 不育症の原因分析と絨毛検査後の予後調査. 第66 回日本生殖医学会学術講演会 2021.11.11 鳥取

  5. 中筋貴史, 別宮若菜, 安藤まり, 高松愛, 仙道可菜子, 向田幸子, 佐々木恵子, 大久保はる奈, 佐藤美和, 原周一郎, 田島博人, 斎藤未希, 土本若奈, 神野亜耶, 秋元諭, 浅田弘法, 吉村泰典. 深部子宮内膜症切除の有無による術後妊娠率の検討. 第66 回日本生殖医学会学術講演会 2021.11.11 鳥取

  6. 石川智則, 妊孕性温存に関する基礎知識, 東京都小児・ A Y A世代 が ん診療連携協議会 第9回市民公開講座 小児 ・AYA世代がんの基礎知識~妊孕性温存とがんゲノム~, 2021.11.14, web

[社会貢献活動]

  1. 東京都がん対策推進協議会 AYA 世代がんワーキンググループ 委員 (石川智則), 東京都, 2020 年 08 月 01 日 - 2022 年 07 月 31 日

  2. 一般社団法人日本癌治療学会(小児,思春期 · 若年がん患者の妊孕性温存に関する診療ガイドラインの改訂)委員 (石川智則), 一般社団法人日本癌治療学会, 2022 年 02 月 14 日 - 2023 年 02 月 13日

  3. 一般社団法人日本癌治療学会(小児,思春期 · 若年がん患者の妊孕性温存に関する診療ガイドラインの改訂)委員 (中筋貴史), 一般社団法人日本癌治療学会, 2022 年 02 月 14 日 - 2023 年 02 月 13日

  4. 一般社団法人日本癌治療学会(小児,思春期 · 若年がん患者の妊孕性温存に関する診療ガイドラインの改訂)委員 (齊藤和毅), 一般社団法人日本癌治療学会, 2022 年 02 月 14 日 - 2023 年 02 月 13日

  5. web 動画座談会「診療科における医師の男女比の問題を考える」, (鼎談)(齊藤和毅)株式会社メディカルトリビューン, web, 2022 年 03 月 14 日