Now Loading...

医学科・大学院医歯学総合研究科(医学系)

寄附講座教授

(小児科)

髙木 正稔

所在地
寄附講座准教授

(産科)

石川 智則

所在地
寄附講座講師

(小児科)

細川 奨

寄附講座助教

(小児科)

森丘 千夏子

(産科)

中筋 貴史
齊藤 和毅

所在地
MAIL
分野HP

概要

診療について

各々のスタッフが小児科、産婦人科で診療にあたっている。

研究について

小児科
  1. 原発性免疫不全症等の新生児マススクリーニング法の開発 · 実用化(基礎研究 · 臨床研究):当講座にて開発した原発性免疫不全症新生児マススクリーニング法の全国展開を目指し、研究をしてきたが、2018年末に日本医療研究開発機構(AMED)の調整費を獲得し、岐阜県の新生児15000検体の核酸自動抽出、TREC, KREC測定と、北海 道(北海道薬剤師会公衆衛生検査センター)、岐阜(岐阜大学)への技術移転を行った。 2019年度には、AMED 研究班代表となり、脊髄筋萎縮症の原因遺伝子SMN1 を用いた新生児スクリーニング法の開発を行い、実用化に成功した。また、岐阜県公衆衛生検査センター、大阪母子医療センター、宮城県公衆衛生協会への技術移転が進み、茨城県立こども病院、土浦協同病院ともに茨城県への導入に向けて検討をすすめた結果、2022 年度から茨城県での PID スクリーニングが可能となった。

  2. 原発性免疫不全症の病態と遺伝子異常の解析 · 治療法の開発および最適化(基礎研究 · 臨床研究):形質細胞欠損を伴う分類不能型免疫不全症(CVID)として、APRIL 遺伝子異常症を世界ではじめて同定し、論文報告を行った(JACI, 2020)。日本免疫不全 · 自己炎症学会事務局として、全国のとりまとめを行い、保険適用の通った遺伝子検査の報告書作成、全国レジストリの構築を行っている。また、NEC との産学連携により、 AI を用いた難病の診断支援共同研究も行った。ソニーとも産学連携共同研究を行い、 マルチカラー FACS の開発を行っている。アジア太平洋免疫不全症学会の理事 · 移植 WG 長として、また、日本造血細胞移植学会の遺伝性疾患 WG 長として、原発性免疫 不全症造血細胞移植法の最適化を目指す研究を主導し、日本の40年間の PID 移植に 関する2本の論文を発表し、プレスリリースをした(JoCI 2021, JoCI 2022)。さらに、 AMED の原発性免疫不全症レジストリを用いたラパマイシンの医師主導治験研究に も採択され、治験を開始した。

  3. 肺動脈性肺高血圧症(PAH)のレジストリ研究(多施設共同研究)
    ① 先天性心疾患に伴う PAH(JACPHR):AMED 研究代表施設として進行中である。
    ② 特発性/遺伝性 PAH(JAPHR):成人でも進行中のレジストリで、研究分担施設 として参加している。18 歳未満の小児例を集積中である。

  4. 肺動脈性肺高血圧症における BMP9 遺伝子機能解析(基礎研究)

  5. 冠動脈瘤をともなう川崎病患者のレジストリ研究(多施設共同臨床研究)

  6. 乳児白血病治療法開発:AMED の助成を受け乳児白血病の治療反応性層別化に有用なバイオマーカーを見出した (Nature Comm 2022)。さらに乳児白血病発症のメカニズ ム、新規治療法開発に向けて取り組んでいる。

  7. 神経芽腫治療法開発:JCCG の神経芽腫委員として、新規神経芽腫治療法開発に向け取り組んでいる。

周産・女性診療科
  1. 妊娠中の自律神経機能と血管特性の変化(臨床研究)

  2. 妊娠中の母体脳循環動態の解明(臨床研究)

  3. 難治疾患合併妊娠の周産期管理に関する臨床的解析(臨床研究)

  4. 精神疾患合併妊娠における薬物動態に関する研究(臨床研究)

  5. 母児エピゲノムの体系的解析(臨床研究)

  6. 生殖機能の温存に主眼を置いた低侵襲婦人科手術の開発

  7. 生殖医療の提供

  8. 生殖機能温存のための卵子 · 胚 · 卵巣組織凍結、精子凍結

教育について

小児科
  1. 医学科 3· 4 年生のブロック講義、PCC 講義

  2. 医学科 5· 6 年生の臨床実習ディレクター担当

  3. Webカンファレンスによる学内外講師の講演

  4. 医学科学生少人数グループに対する先天性心疾患 · 原発性免疫不全症レクチャー

周産・女性診療科
  1. 医学科ブロック講義における産科学 · 婦人科学、クリニカルクラークシップでは周産期医学 · 婦人科学に関するミニレクチャーを行うと同時に、分娩立会い、処置 · 手術への積極的な参加を促した。

  2. 初期研修医 · 後期研修医には病棟診療グループの一員として分娩、処置、手術に参加してもらった。また外部講師にレクチャーを依頼し、update な知識の習得に努めた。

  3. 土浦協同病院との合同カンファレンス、シミュレータを活用した実践教育を行った。

業績

小児科

[原著]

  1. Nakamura A, Adachi E, Matsubara Y, Ishii T, Hosokawa S, Kashimada K, Takasawa K. Monitoring hypoparathyroidism in long QT syndrome detected by ECG screening. Pediatr Int. 2023.01; e15481

  2. Yamaguchi Y, Takasawa K, Irabu H, Hiratoko K, Ichigi Y, Hirata K, Tamura Y, Murakoshi M, Yamashita M, Nakatani H, Shimoda M, Ishii T, Udagawa T, Shimizu M, Kanegane H, Morio T. Infliximab treatment for refractory COVID-19-associated multisystem inflammatory syndrome in a Japanese child. Journal of infection and chemotherapy. 2022.06; 28(6); 814-818

  3. Matsumura T, Hosokawa S, Hanaoka M, Abe Y, Iwamoto T, Maeda S. Transient ventricular bigeminy during emergence from general anesthesia in a pediatric patient with catecholaminergic polymorphic ventricular tachycardia. J Electrocardiol. 2022.05; 73; 38-41

  4. Pritesh P Jain, Susumu Hosokawa, Aleksandra Babicheva, Tengteng Zhao, Jiyuan Chen, Patricia A Thistlethwaite, Ayako Makino, Jason X-J Yuan. In Vivo and Ex Vivo Experimental Approach for Studying Functional Role of Notch in Pulmonary Vascular Disease. Methods Mol Biol. 2022; 2472; 209-220

  5. Noguchi Y, Taki A, Honda I, Sugie M, Shidei T, Ito K, Iwata H, Koyama A, Okazaki K, Kondo M, Morioka C, Kashimada K, Morio T. Transcriptome analysis of umbilical cord mesenchymal stem cells revealed fetal programming due to chorioamnionitis Sci Rep. 2022.04; 12(1); 6537

  6. Noguchi Y, Shidei T, Morioka C, Kashimada K, Morio T. A suspected case of heterotopic glia in an MM-twin discordant for anencephaly. Pediatr Int. 2022 64(1):e15027.

  7. Yamashita M, Kuroha M, Kinowawki Y, Kashiwagi N, Watanabe K, Nagase M, Niizato D, Mitsuiki N, Isoda T, Kamiya T, Arisaka A, Inaji M, Ohashi K, Imai K, Kanegane H, Morio T, Takagi M. A SAMD5-SASH1 fusion in solitary infantile myofibromatosis. Pediatr Blood Cancer. 2023:e30278.

  8. Tsutsumi E, Yamasaki K, Nakano Y, Takagi M, Hara J. Acute myeloid leukemia post RAS-associated autoimmune leukoproliferative disease. Pediatr Int. 2023:e15521.

  9. Tomomasa D, Isoda T, Mitsuiki N, Inoue K, Nishimura A, Uda K, Uchiyama T, Yamashita M, Kamiya T, Endo A, Takagi M, Imai K, Kajiwara M, Cowan MJ, Morio T, Kanegane H. Successful TCRalphabeta/CD19-Depleted Hematopoietic Cell Transplantation for a Patient With Artemis Deficiency. J Pediatr Hematol Oncol. 2023.

  10. Najnin RA, Al Mahmud MR, Rahman MM, Takeda S, Sasanuma H, Tanaka H, Murakawa Y, Shimizu N, Akter S, Takagi M, Sunada T, Akamatsu S, He G, Itou J, Toi M, Miyaji M, Tsutsui KM, Keeney S, Yamada S. ATM suppresses c-Myc overexpression in the mammary epithelium in response to estrogen. Cell Rep. 2023;42(1):111909.

  11. Morishita A, Yeh TW, Tomari K, Furuichi M, Kashimada K, Morio T, Takagi M, Imai K. Transient immune deficiency accompanied with homozygous CBL rare variant. Pediatr Int. 2023;65(1):e15439.

  12. Yamashita M, Eguchi S, Tomomasa D, Kamiya T, Niizato D, Mitsuiki N, Isoda T, Funakoshi H, Mizuno Y, Okamoto K, Nguyen TM, Takada H, Takagi M, Imai K, Morio T, Kanegane H. Case report: HLA-haploidentical hematopoietic cell transplant with posttransplant cyclophosphamide in a patient with leukocyte adhesion deficiency type I. Front Immunol. 2022;13:1020362.

  13. Tanaka Y, Urayama KY, Mori M, Arakawa Y, Hasegawa D, Noguchi Y, Yanagimachi M, Keino D, Ota S, Akahane K, Inukai T, Hangai M, Kawaguchi T, Takagi M, Koh K, Matsuda F, Manabe A. Prominence of NUDT15 genetic variation associated with 6-mercaptopurine tolerance in a genome-wide association study of Japanese children with acute lymphoblastic leukaemia. Br J Haematol. 2022.

  14. Takagi M, Ogawa C, Iehara T, Aoki-Nogami Y, Ishibashi E, Imai M, Kimura T, Nagata M, Yasuhara M, Masutani M, Yoshimura K, Tomizawa D, Ogawa A, Yonemori K, Morishita A, Miyamoto S, Takita J, Kihara T, Nobori K, Hasebe K, Miya F, Ikeda S, Shioda Y, Matsumoto K, Fujimura J, Mizutani S, Morio T, Hosoi H, Koike R. First phase 1 clinical study of olaparib in pediatric patients with refractory solid tumors. Cancer. 2022;128(15):2949-57.

  15. Shirai R, Osumi T, Sato-Otsubo A, Nakabayashi K, Mori T, Yoshida M, Yoshida K, Kohri M, Ishihara T, Yasue S, Imamura T, Endo M, Miyamoto S, Ohki K, Sanada M, Kiyokawa N, Ogawa S, Yoshioka T, Hata K, Takagi M, Kato M. Genetic features of B-cell lymphoblastic lymphoma with TCF3-PBX1. Cancer Rep (Hoboken). 2022;5(9):e1559.

  16. Ohkawa T, Nishimura A, Kosaki K, Aoki-Nogami Y, Tomizawa D, Kashimada K, Morio T, Kato M, Mizutani S, Takagi M. PAX3/7-FOXO1 fusion-negative alveolar rhabdomyosarcoma in Schuurs-Hoeijmakers syndrome. J Hum Genet. 2022;67(1):51-4.

  17. Niizato D, Isoda T, Mitsuiki N, Kaneko S, Tomomasa D, Kamiya T, Takagi M, Imai K, Kajiwara M, Shimizu M, Morio T, Kanegane H. Case report: Optimized ruxolitinib-based therapy in an infant with familial hemophagocytic lymphohistiocytosis type 3. Front Immunol. 2022;13:977463.

  18. Morishita A, Yeh TW, Tomari K, Furuichi M, Kashimada K, Morio T, Takagi M, Imai K. Transient immune deficiency accompanied with homozygous CBL rare variant. Pediatr Int. 2022:e15439.

  19. Matsudera S, Kano Y, Aoyagi Y, Tohyama K, Ogino K, Okamoto K, Yamaguchi T, Watanabe S, Nakajima M, Morita S, Nakamura T, Suzuki K, Tsuchioka T, Kojima K, Miyake S, Takagi M, Ikeda S. Pilot Study of Comprehensive Genomic Profiling for Pediatric and Adolescent and Young Adult Solid Tumor Patients in Japan. Dokkyo Med J. 2022;1(1):56-62.

  20. Isobe T, Takagi M, Sato-Otsubo A, Nishimura A, Nagae G, Yamagishi C, Tamura M, Tanaka Y, Asada S, Takeda R, Tsuchiya A, Wang X, Yoshida K, Nannya Y, Ueno H, Akazawa R, Kato I, Mikami T, Watanabe K, Sekiguchi M, Seki M, Kimura S, Hiwatari M, Kato M, Fukuda S, Tatsuno K, Tsutsumi S, Kanai A, Inaba T, Shiozawa Y, Shiraishi Y, Chiba K, Tanaka H, Kotecha RS, Cruickshank MN, Ishikawa F, Morio T, Eguchi M, Deguchi T, Kiyokawa N, Arakawa Y, Koh K, Aoki Y, Ishihara T, Tomizawa D, Miyamura T, Ishii E, Mizutani S, Wilson NK, Gottgens B, Miyano S, Kitamura T, Goyama S, Yokoyama A, Aburatani H, Ogawa S, Takita J. Multi-omics analysis defines highly refractory RAS burdened immature subgroup of infant acute lymphoblastic leukemia. Nat Commun. 2022;13(1):4501.

  21. Hiroki H, Akahane K, Inukai T, Morio T, Takagi M. Synergistic effect of combined PI3 kinase inhibitor and PARP inhibitor treatment on BCR/ABL1-positive acute lymphoblastic leukemia cells. Int J Hematol. 2022.

  22. Gau M, Suga R, Hijikata A, Kashimada A, Takagi M, Nakagawa R, Takasawa K, Shirai T, Kashimada K, Morio T. A novel variant of NR5A1, p.R350W implicates potential interactions with unknown co-factors or ligands. Front Endocrinol (Lausanne). 2022;13:1033074.

  23. Escudero A, Takagi M, Auer F, Friedrich UA, Miyamoto S, Ogawa A, Imai K, Pascual B, Vela M, Stepensky P, Yasin L, Elitzur S, Borkhardt A, Perez-Martinez A, Hauer J. Clinical and immunophenotypic characteristics of familial leukemia predisposition caused by PAX5 germline variants. Leukemia. 2022;36(9):2338-42.

  24. Escherich CS, Chen W, Miyamoto S, Namikawa Y, Yang W, Teachey DT, Li Z, Raetz EA, Larsen EC, Devidas M, Martin PL, Bowman WP, Wu G, Pui CH, Hunger SP, Loh ML, Takagi M, Yang JJ. Identification of TCF3 germline variants in pediatric B-cell acute lymphoblastic leukemia. Blood Adv. 2022. doi: 10.1182/bloodadvances.2022008563.

  25. Eguchi S, Isoda T, Yamaguchi A, Takagi M. Novel variants for Glanzmann thrombasthenia manifesting with purpura at birth. Pediatr Int. 2022;64(1):e15149.

  26. Aoyagi Y, Kano Y, Tohyama K, Matsudera S, Kumaki Y, Takahashi K, Mitsumura T, Harada Y, Sato A, Nakamura H, Sueoka E, Aragane N, Kimura K, Onishi I, Takemoto A, Akahoshi K, Ono H, Ishikawa T, Tokunaga M, Nakagawa T, Oshima N, Nakamura R, Takagi M, Asakage T, Uetake H, Tanabe M, Miyake S, Kinugasa Y, Ikeda S. Clinical utility of comprehensive genomic profiling in Japan: Result of PROFILE-F study. PLoS One. 2022;17(3):e0266112.

  27. Yamaguchi Y, Takasawa K, Irabu H, Hiratoko K, Ichigi Y, Hirata K, Tamura Y, Murakoshi M, Yamashita M, Nakatani H, Shimoda M, Ishii T, Udagawa T, Shimizu M, Kanegane H, Morio T. Infliximab treatment for refractory COVID-19-associated multisystem inflammatory syndrome in a Japanese child. J Infect Chemother. 2022 28(6):814-818.

  1. 森田俊平, 水野朋子, 清水一秀, 田村友美恵, 鈴木智典, 柳町昌克, 磯田健志, 高木正稔, 稲次基希, 前原健寿, 森尾友宏.軽微な受傷機転から急性硬膜外血腫を発症し、Fanconi貧血の診断に至った1例. 小児科臨床 75:142-146, 2022

[書籍等出版物動]

  1. 金子一成, 細川奨 他. 小児科診療 Controversy. 中外医学社, 2022.09 (ISBN : 978-4-498-14574-0)

[総説]

  1. Shimizu M, Shimbo A, Irabu H, Inoue N, Kuroda M. Hirayama disease. Joint Bone Spine. 2022 89(4):105354.

  2. 金兼弘和, 高木正稔. 自己免疫性リンパ増殖症候群と RAS 関連自己免疫性リンパ増殖症候群疾患 臨床免疫 ·アレルギー科. 2022.11; 78(5); 599-610

  3. 伊良部仁, 清水正樹, 森尾友宏. 単一遺伝子異常による自己免疫疾患 臨床免疫 · アレルギー科. 2022.04; 77(4); 464-470

  4. 西村聡, 高木正稔. 小児血液腫瘍疾患に対する新規解析手法 シングルセルRNAシークエンスの活用と展望 がん細胞の不均一性の解明を目指して. 日本小児血液・がん学会雑誌 59:219-223, 2022

  5. 星野顕宏, 高木正稔. 小児Evans症候群におけるT細胞構成の変化. 血液内科 85:747-752, 2022

  6. 佐々木広和, 伊良部仁, 今井耕輔. 成人発症の免疫異常症からみた加齢に伴う免疫修飾. リウマチ科 68:155-163, 2022

[講演・口頭発表等]

  1. Masatoshi Takagi. Therapeutic approach for Ataxia Telengiectasia. The Interntioal Ataxia-Telengiectasia Workshop 2023 2023.03.02 Kyoto

  2. Masatoshi Takagi. Infant ALL GWAS study. iBFM Committee Interim Meeting 2023.01.16 Milan, Italy

  3. Franziska Auer, Adela Escuerdo, Ulrike Anne Friedrich, Polina Stepensky, Arndt Borkhardt, Sarah Elitzur, Masatoshi Takagi, Julia Hauer. Familial Predisposition to B-Cell Precursor Acute Lymphoblastic Leukemia Mediated By PAX5 Germline Variants.. The 64th ASH Annual Meeting and Exposition 2022.12.12 New Orleans, US

  4. Carolin Escherich, Wenan Chen, Satoshi Miyamoto, Yui Namikawa, Wenjian Yang, David T. Teachey, Zhenhua Li, Elizabeth A. Raetz, Eric C Larsen, Meenakshi Devidas, Paul L. Martin, W Paul Bowman, Gang Wu, Ching-Hon Pui, Stephen P. Hunger, Masatoshi Takagi, Jun J. Yang, Mignon L. Loh. Rare Deleterious TCF3 Germline Variants and Predisposition to Acute Lymphoblastic Leukemia in Children. The 64th ASH Annual Meeting and Exposition 2022.12.11 New Orleans, US

  5. Franziska Auer, Adela Escudero, Mikko Sipola, Anna Viitasalo, Mina Morcos, Ulrike Anne Friedrich, Aleksandra Pandyra, Arndt Borkhardt, Masatoshi Takagi, Julia Hauer. PAX5 Deficiency and Germline Susceptiblity to Pediatric Leukemia. 27th European Hemathology Association Congress (EHA2022) 2022.06.09 Vienna, Austria

  1. 花田彩加, 豊福悦史, 山下基, 友田昴宏, 磯田健志, 神谷尚宏, 高木正稔, 金兼弘和, 今井耕輔, 森尾友宏. 染色体構造異常による Wiskott-Aldrich 症候群. 第6回日本免疫不全 · 自己炎症学会 2023.02.12 東京

  2. 大口郁夫, 西村聡, 山下基, 星野顕宏, 磯田健志, 神谷尚宏, 金兼弘和, 高木正稔, 森尾友宏. 再発急性骨髄性白血病に対してクロファラビンを用いた再移植で寛解を維持した1例. 第45回 日本造血 · 免疫細胞療法学会総会 2023.02.11 愛知

  3. 石塚潤子, 持田靖子, 有川淑恵, 石川智則, 神谷尚宏, 磯田健志, 西村聡, 星野顕宏, 高木正稔, 梶原道子, 金兼弘和, 森尾友宏. 思春期の患者 · 家族の妊孕性温存療法における造血細胞移植コーディネーターによる支援. 第45 回 日本造血 · 免疫細胞療法学会総会 2023.02.11 愛知

  4. 宮本智史, 西村聡, 星野顕宏, 神谷尚宏, 磯田健志, 梶原道子, 高木正稔, 今井耕輔, 金兼弘和, 森尾友宏 . 先天性免疫異常症に対する同種造血細胞移植. 第6回日本免疫不全 · 自己炎症学会 2023.02.11 東京

  5. 石橋佑脩, 神谷尚宏, 村越未希, 宇田川智宏, 遠藤明史, 磯田健志, 金兼弘和, 高木正稔, 今井耕輔, 森尾友宏. GATA2 異常症に対する同種造血細胞移植後慢性 GVHDに併発した EBV 再活性化とネフローゼ症候群. 第64回日本小児血液 · がん学会学術集会 2022.11.26 東京

  6. 高松紗良, 江口詩織, 西村聡, 山下基, 星野顕宏, 神谷尚宏, 磯田健志, 金兼弘和, 高木正稔, 森尾友宏. 寛解導入療法施行中に類洞閉塞症候群を合併した FUS-ERG 融合遺伝子陽性の前駆 B 細胞急性リンパ性白血病. 第64 回日本小児血液 · がん学会学術集会 2022.11.26 東京

  7. 神谷尚宏, 山下基, 藤村純也, 星野顕宏, 満生紀子, 磯田健志, 今井耕輔, 金兼弘和, 森尾友宏, 高木正稔. 造血細胞移植前の病勢コントロールにイノツズマブオゾガマイシンが有効であった TCF3-HLF 陽性. 第 64 回日本小児血液 · がん学会学術集会 2022.11.25 東京

  8. Satoshi Miyamoto, Miho Koizumi, Haruka Hiroki, Akira Nishimura, Setsuo Ota, Kohsuke Imai, Hirokazu Kanegane, Tomohiro Morio, Hiroaki Honda, Masatoshi Takagi. B 細胞性急性リンパ性白血病を合併した分類不能型免疫不全症患者における生殖細胞系列 PAX5 バリアント. 第64回日本小児血液 · がん学会学術集会 2022.11.25 東京

  9. 高橋周平, 新里大毅, 星野顕宏, 満生紀子, 神谷尚宏, 磯田健志. 高澤啓, 金兼弘和, 森尾友宏, 高木正稔. Bloom症候群に合併したびまん性大細胞型 B 細胞リンパ腫に対し Pola-BR 療法を施行した一例. 第64回日本小児血液 · がん学会学術集会 2022.11.25 東京

  10. 家村綾正, 山野春樹, 大槻彩子, 伊藤一之, 菊池絵梨子, 高澤啓, 森丘千夏子, 鹿島田健一, 森尾友宏. 硫酸マグネシウムの長期投与母体から出生後,低カルシウム血症 · 高マグネシウム血症を来した正期産児の 1 例. 第55回日本小児内分泌学会学術集会 2022.11.02 神奈川 (Web)

  11. 中谷久恵, 家村綾正, 神谷尚宏, 磯田健志, 高木正稔, 高澤啓, 鹿島田健一, 森尾友宏. L- アスパラギナーゼ誘発性低血糖の病態解明. 第55回日本小児内分泌学会学術集会 2022.11.01 神奈川 (Web)

  12. 山内建, 杉江学, 酢谷明人, 白井謙太朗, 高澤啓, 森丘千夏子, 鹿島田健一. 新生児仮死における一過性高インスリン血症のリスクは胎児発育不全の合併例である. 第55回日本小児内分泌学会学術集会 2022.11.01 神奈川 (Web)

  13. 西村聡, 佐々木麻起子, 高木正稔, 磯田健志. 非コード RNA 転写とスーパーエンハンサー活性化によるゲノムの3次元構造維持機構. 第 81 回日本癌学会学術総会 2022.09.29 神奈川

  14. 土井庄三郎, 石井卓, 山岸敬幸, 内田敬子, 細川奨, 石崎怜奈, 石田秀和, 高月晋一, 福島裕之, 稲井慶, 小垣滋豊. 先天性心疾患を伴う肺高血圧症例の多施設症例登録研究 (JACPHR). 第70回日本心臓病学会学術集会 2022.09.23 京都

  15. 鈴木友梨, 家村綾正, 水野裕貴, 星野顕宏, 鎌田悠子, 磯田健志, 高木正稔, 高澤啓, 岡本健太郎, 鹿島田健一, 森尾友宏. 若年発症褐色細胞腫例における遺伝子学的解析は世代を超えて治療選択に影響しうる. 第 23 回日本内分泌学会関東甲信越支部学術集会 2022.09.10 神奈川

  16. 高木正稔. 毛細血管拡張性運動失調症 (A-T) 治療の現状. 日本核酸医薬学会第7回年会 2022.08.03 東京

  17. 竹下斉史, 水野友裕, 八島正文, 鍋島惇也, 石井卓, 細川奨, 山口洋平. 乳児期大動脈炎後、遠隔期に巨大胸部大動脈瘤を呈した女児に対し、胸部大動脈人工血管置換術を施行した1治験例. 第58回日本小児循環器学会総会 · 学術集会 2022.07.23 北海道

  18. 山口洋平, 長原慧, 大槻彩子, 石井卓, 細川奨, 土井庄三郎. 川崎病性巨大冠動脈瘤症例の妊娠 · 出産に向けて. 第58回日本小児循環器学会総会 · 学術集会 2022.07.22 北海道

  19. 長原慧, 大槻彩子, 山口洋平, 石井卓, 細川奨, 梅本朋幸, 荒井裕国, 土井庄三郎. 遠隔期に無症候性に冠動脈の3枝狭窄病変を認めた川崎病性巨大動脈瘤の1例. 第58回日本小児循環器学会総会 · 学術集会 2022.07.22 北海道

  20. 石井卓, 細川奨, 山口洋平, 池田翔, 高井詩織, 長原慧, 大槻彩子, 土井庄三郎. 小児期発症の重症特発性/遺伝性肺動脈性肺高血圧症に対する高用量 epoprostenol の有効性の検討. 第58回日本小児循環器学会総会 · 学術集会 2022.07.21 北海道

  21. 大槻彩子, 中谷久恵, 長原慧, 山口洋平, 石井卓, 細川奨, 土井庄三郎. Selexipag により甲状腺機能亢進症を呈した遺伝性肺動脈性肺高血圧症の症例. 第58回日本小児循環器学会総会 · 学術集会 2022.07.21 北海道

  22. 細川奨. 小児特発性/遺伝性肺動脈性肺高血圧症(I/HPAH)患者のトータルケア:当院での現状と課題. 第58回日本小児循環器学会総会 · 学術集会 2022.07.21 北海道

  23. 細川奨, 石井卓, 土井庄三郎. 小児特発生/遺伝性肺動脈性肺高血圧症患者レジストリ. 第58回日本小児循環器学会総会 · 学術集会 2022.07.21 北海道

  24. 石井卓、内田敬子、石田秀和、細川奨、高月晋一、石崎怜奈、小垣滋豊、福島裕之、稲井慶、山岸敬幸、土井庄三郎. 本邦における先天性心疾患を伴う肺高血圧症のレジストリ研究. 第28回日本小児肺循環研究会2022.07.03 東京

  25. 大槻彩子, 長原慧, 山口洋平, 石井卓, 細川奨, 土井庄三郎. 造血幹細胞移植後に肺高血圧を発症した小児免疫不全症3例. 第7回日本肺高血圧 · 肺循環学会学術集会 2022.07.02 東京

  26. 土井庄三郎、石井卓、山岸敬幸、内田敬子、細川奨、石崎怜奈、石田秀和、高月晋一、福島裕之、稲井慶、小垣慈豊. 小児~成人における先天性心疾患を伴う肺高血圧レジストリの整備. 第7回日本肺高血圧 · 肺循環学会学術集会 2022.07.02 東京

  27. 土井庄三郎, 石井卓, 山岸敬幸, 内田敬子, 細川奨, 石崎怜奈, 石田秀和, 高月晋一, 福島裕之, 稲井慶, 小垣滋豊. 国際発信性を高めるための All-Japan 肺高血圧症レジストリの展望 小児~成人における先天性心疾患を伴う肺高血圧レジストリの整備. 第7回 日本肺高血圧 · 肺循環学会学術集会 合同開催 第28回 日本小児肺循環研究会 2022.07.02 東京

  28. 長原慧, 大槻彩子, 山口洋平, 石井卓, 細川奨, 土井庄三郎. 高用量 PGI2 製剤により心不全の増悪を来した重症 IPAH 症例. 第7回日本肺高血圧 · 肺循環学会学術集会/第28回日本小児肺循環研究会 2022.07.02 東京

  29. 石塚潤子, 持田靖子, 内山亜紀子, 梅澤佳央, 岡田啓五, 長田有生, 齊藤真貴子, 坂東夏菜, 藤原熙基, 厚井聡志, 野上彩子, 坂下千瑞子, 長尾俊景, 藤波景子, 前田留美, 村瀬有紀子, 満生紀子, 神谷尚宏, 磯田健志, 今井耕輔, 高木正稔, 梶原道子, 金兼弘和, 森尾友宏, 森毅彦, 山本正英. 小児期から成人期へ移行する患者支援における造血細胞移植コーディネーターの役割. 第44回 日本造血 · 免疫細胞療法学会総会 2022.05.14 神奈川及びWeb 開催

  30. 金子修也, 清水正樹, 真保麻実, 伊良部仁, 水田麻雄, 中岸保夫, 岩田直美, 森雅亮. 小児の膠原病および若年性特発性関節炎 全身型若年性特発性関節炎に合併したマクロファージ活性化症候群における活動性指標の早期診断に対する有用性. 第66回日本リウマチ学会総会 · 学術集会 2022.04.27 神奈川および web

  31. 宮岡双葉, 金子修也, 真保麻実, 伊良部仁, 阿久津裕子, 山崎晋, 毛利万里子, 清水正樹, 瀬川裕子, 森雅亮. 小児の膠原病および若年性特発性関節炎 当院における環軸関節炎を伴う若年性特発性関節炎7例の検討. 第66回日本リウマチ学会総会 · 学術集会 2022.04.27 神奈川および web

  32. 細川奨. 胎児循環から出生. 第62回日本呼吸器学会学術講演会 2022.04.22 京都  web

  33. 伊良部仁, 真保麻実, 金子修也, 清水正樹, 森尾友宏. 繰り返す難治性口内炎を呈した歯科金属アレルギーの1例. 第125回日本小児科学会学術集会 2022.04.17 福島

  34. 山本道雄, 荒木絵里子, 杉本龍之介, 高田ちひろ, 川崎裕介, 鈴木靖美, 本田朋子, 小林健, 細田愛, 鈴木真理, 木下眞里, 亀井聡信, 松崎陽平, 金兼弘和, 高木正稔, 山下行雄. 血小板, 好中球の2系統の血球減少で発症し末梢血中に血球貪食像を認めた CTLA4 ハプロ不全の1例. 第125回日本小児科学会学術集会 2022.04.16 福島

  35. 真保麻実, 金子修也, 伊良部仁, 阿久津裕子, 清水正樹, 森雅亮, 森尾友宏. 生物学的製剤治療中の全身型若年性特発性関節炎における腸恥滑液包炎. 第125回日本小児科学会学術集会 2022.04.16 福島

  36. 村越未希, 宇田川智宏, 金森透, 奥津美夏, 真保麻実, 伊良部仁, 阿久津裕子, 清水正樹, 森雅亮, 森尾友宏. 当院で腎生検を施行したループス腎炎 24 名の臨床的検討と腎生検合併症. 第125回日本小児科学会学術集会2022.04.15 福島

  37. 土井庄三郎, 石井卓, 細川奨, 増谷聡, 八島正文. Reversed Potts shunt は, 小児の薬剤抵抗性重症肺高血圧症の最終治療選択肢ともなり得る. 第125回日本小児科学会学術集会 2022.04.15 福島

[その他業績]

  1. 乳児期発症急性リンパ性白血病を5群に分類できることを解明 -分子診断法の高精度化と治療の最適化への貢献を期待- (高木正稔), 2022年08月

[社会貢献活動]

  1. 毛細血管拡張性運動失調症の患者について(高木正稔) , 朝日新聞社, 朝日新聞デジタル, 2023年03月09日 - 現在

  2. 乳児の白血病 治療困難な特徴(高木正稔), 読売新聞, 読売新聞, 読売新聞朝刊, 2022年11月

  3. 核酸医学  N of 1(高木正稔), 中日新聞東京本社, 東京新聞、中日新聞, 2022年08月23日

  4. 東京都小児 · AYA がん診療連携協議会委員(高木正稔) , 東京都, 2021年04月01日 - 現在

  5. 筑波大学附属小学校(児童の健康管理及び保健指導)(細川奨), 2020 04月01日 - 現在

周産・女性診療科

[原著]

  1. Tamaoka S, Saito K, Yoshida T, Nakabayashi K, Tatsumi K, Kawamura T, Matsuzaki T, Matsubara K, Ogata-Kawata H, Hata K, Kato-Fukui Y, Fukami M. Exome-based genome-wide screening of rare variants associated with the risk of polycystic ovary syndrome. Reproductive medicine and biology. 2023.01; 22(1); e12504

  2. Junichiro Mitsui, Kiyotaka Kawai, Makiko Tajima, Kenichiro Hiraoka, Viviane Casaroli, Yoshimi Sato, Yoshiaki Furusawa, Tomonori Ishikawa, Naoyuki Miyasaka. Effects of Hydrosalpinx on Endometrial Receptivity and Uterine Microbiome: An Interesting Case of Double Uterus with Unilateral Hydrosalpinx Endocrines. 2022.12; 3(4); 821-830

  3. Kidera N, Ishikawa T, Kawamura T, Miyasaka N. Impact of paternal age on IVF and pregnancy outcomes with only normal sperm parameters. Taiwanese journal of obstetrics & gynecology. 2022.11; 61(6); 1015-1020

  4. Mitsutoshi Yamada, Tomonori Ishikawa, Takeshi Iwasa, Hajime Oishi, Satoko Osuka, Kenji Oka, Shuichi Ono, Masanori Ono, Makoto Orisaka, Haruhiko Kanasaki, Yasushi Kawano, Kazuhiro Kawamura, Hiroshi Kishi, Fuminori Kimura, Shinnosuke Kuroda, Akira Kuwahara, Hideyuki Kobayashi, Akira Komiya, Hidekazu Saito, Kenji Sato, Suguru Sato, Koji Shiraishi, Hiromitsu Shirasawa, Tatsuya Suzuki, Yasushi Takai, Seido Takae, Toshifumi Takahashi, Tsuyoshi Takiuchi, Masahito Tachibana, Isao Tamura, Hiroshi Tamura, Seung Chik Jwa, Tsuyoshi Baba, Miyuki Harada, Tetsuya Hirata, Atsushi Fukui, Yusuke Fukuda, Shinichiro Fukuhara, Tetsuo Maruyama, Yasushi Yumura, Osamu Yoshino, Yasushi Hirota, Akira Tsujimura, Naoaki Kuji, Yutaka Osuga. Guidelines for Reproductive Medicine in Japan. Reprod Med Biol. 2022.08; 21(1); e12483

  5. Eri Maeda, Seung Chik Jwa, Yukiyo Kumazawa, Kazuki Saito, Arisa Iba, Ayako Yanagisawa-Sugita, Akira Kuwahara, Hidekazu Saito, Yukihiro Terada, Takashi Fukuda, Osamu Ishihara, Yasuki Kobayashi. Out-of-pocket payment and patients’ treatment choice for assisted reproductive technology by household income: a conjoint analysis using an online social research panel in Japan. BMC Health Serv Res. 2022.08; 22(1); 1093

  6. Kenichiro Hiraoka, Nozomi Uchida, Tomonori Ishikawa and Kiyotaka Kawai. Value of Meiotic Spindle Imaging on Fertilization and Embryo Development Following Human Oocyte Piezo-ICSI Fertility & Reproduction. 2022; 4(1); 26-31

  1. 小野瀬萌子, 石川智則, 齊藤和毅, 大西威一郎, 明石巧. 卵巣子宮内膜症性嚢胞を合併した不妊症患者に対して腹腔鏡下卵巣嚢腫摘出術を施行し、類内膜境界悪性腫瘍の診断に至った一例 日本産科婦人科内視鏡学会雑誌. 2022; 38(1); 187-193

[書籍等出版物]

  1. 齊藤和毅 (編集: 岩瀬明、平池修、太田邦明). 第II章 いろいろなホルモンについて知る ⑥-3 グルココルチコイド ⑥-4 ミネラルコルチコイド_みえる! わかる! 女性内分泌. 株式会社 メジカルビュー社, 2022.12 (ISBN : 978-4-7583-2127-3)

  2. 齊藤和毅, 宮坂尚幸. 多嚢胞性卵巣症候群_週刊日本医事新報 No. 141  治療法の再整理とアップデートのために専門家による私の治療 今週取り上げた疾患. 株式会社 日本医事新報社, 2022.11

[総説]

  1. 齊藤和毅. 多囊胞性卵巣症候群の遺伝学的要因 産婦人科の実際. 2022.09; 71(9); 981-985

  2. 齊藤和毅, 齋藤英和. 多胎妊娠の基礎知識 不妊治療と多胎 周産期医学. 2022.09; 52(9); 1207-1210

[講演・口頭発表等]

  1. 齊藤和毅. National database から見る ART と周産期合併症. Web live seminar 周産期合併症から ART 治療を再考する 2023.03.17 web

  2. 山口美夕, 中筋貴史, 間野ちひろ, 齊藤和毅, 大島乃里子, 石川智則, 吉木尚之, 宮坂尚幸. 子宮頸部筋腫に対して術前に尿管ステントを留置し全腹腔鏡下子宮全摘術を施行した1例. 第403回東京産科婦人科学会例会 2022.12.10 東京

[社会貢献活動]

  1. 東京都がん対策推進協議会 AYA 世代がんワーキンググループ 委員 (石川智則), 東京都, 2020年08月01日- 2022年07月31日

  2. 一般社団法人日本癌治療学会(小児,思春期 · 若年がん患者の妊孕性温存に関する診療ガイドラインの改訂)委員(石川智則), 一般社団法人日本癌治療学会, 2022年02月14日 - 2023年02月13日

  3. 一般社団法人日本癌治療学会(小児,思春期 · 若年がん患者の妊孕性温存に関する診療ガイドラインのシステマティックレビュー) 委員 (中筋貴史), 一般社団法人日本癌治療学会, 2022年02月14日 - 2023年02月13日

  4. 一般社団法人日本癌治療学会(小児,思春期 · 若年がん患者の妊孕性温存に関する診療ガイドラインのシステマティックレビュー)委員  (齊藤和毅), 一般社団法人日本癌治療学会, 2022年02月14日 - 2023年02月13日

  5. web動画座談会「診療科における医師の男女比の問題を考える」(鼎談)(齊藤和毅), 株式会社メディカルトリビューン, web, 2022年03月14日