Now Loading...

保健衛生学科・大学院保健衛生学研究科・大学院医歯学総合研究科(生体検査科学系)

教授
大学院生
修士
  
  
大学院生
博士
    

所在地
MAIL
分野HP

概要

研究活動

1.病原細菌の薬剤耐性化に関する研究
 近年、現存する様々な抗菌薬に耐性を獲得した多剤耐性菌は世界的に増加傾向を示しており、それらが関連する感染症の診断や治療、予防を行う上で耐性機構を知ることは極めて重要である。そこで、臨床上問題となる病原細菌の抗菌薬耐性化に関わる分子機構の解析を進めている。また様々な環境に対する薬剤耐性菌の適応・進化過程の解明にも取り組んでいる。さらに、本学のガーナ大学野口記念医学研究所海外研究拠点にて、ガーナ共和国における薬剤耐性菌の動向調査に関する国際共同研究も展開している。

2.細菌の病原性発現制御機構の解明
 下痢症や食中毒を惹起するClostridium(Clostridioides)属は、自身の増殖に適さない環境下で殺菌が極めて困難な芽胞を形成する。ヒトが芽胞を接種した場合、腸管内で発芽増殖後、菌体から産生された毒素等が生体に障害を及ぼすことが知られる。現在、ゲノミクス・トランスクリプトミクスの研究手法により、C. difficileとC. perfringensの芽胞形成・発芽に関わる制御機構の全貌解明を試みている。

教育活動

1.学部教育
 病原体検査学講義(I)・実習(I) は医学微生物学(細菌学、真菌学、ウイルス学、免疫学、寄生虫学)の基礎的な内容について保健衛生学科の検査技術学専攻の学生(1年生)に対して教授している。寄生虫学は国際環境寄生虫病学分野の協力を得ている。微生物学は看護学専攻の学生(1年生)に対して講義により教授している。病原体検査学講義(II)・実習(II) は、検査技術学専攻の学生(3年生)に対して、感染症の原因微生物の検出法、薬剤感受性試験、病原微生物の疫学的解析法などについて教授している。

2.大学院教育
 感染症の病原体および病因について最新情報を取得し、病原体の検査法および診断・治療への応用について考察する。また細菌学や臨床微生物学の研究の現況を学び、それらに関わる基礎的な研究能力を修得させ,研究成果を国内外の学術会議や国際誌に報告できるよう指導している。

臨床活動および学外活動

 臨床活動として、当院医学部附属病院にて感染制御部の業務(病院内感染制御活動、病原体の遺伝子検査、病原体の分子疫学解析など)に参画している。
 学外活動として、医療施設の微生物検査を担当する臨床検査技師に対して、検査精度の向上を目指した卒後教育を日本臨床微生物学会等と共に実施している。

業績

最近の主な業績を示す。

業績1

Saito R, Usui Y, Ayibieke A, Nakajima J, Prah I, Sonobe K, Aiso Y, Ito S, Itsui Y, Hadano Y, Nukui Y, Koike R, Tohda S. Hypervirulent clade 2, ribotype 019/sequence type 67 Clostridioides difficile strain from Japan. Gut Pathog. 2019 Nov 4;11:54. doi: 10.1186/s13099-019-0336-3.

(業績1)本邦での分離は極めて珍しい高病原性群(hypervirulent clade 2, RT019/ST67)に属するClostridioides difficile B18-123株を同定し、全ゲノム解析等により世界的な高病原流行株(BAA-1870)と同じ細胞毒を産生することを明らかにした。

業績2

Comandatore F, Sassera D, Bayliss SC, Scaltriti E, Gaiarsa S, Cao X, Gales AC, Saito R, Pongolini S, Brisse S, Feil EJ, Bandi C. Gene composition as a potential barrier to large recombinations in the bacterial pathogen Klebsiella pneumoniae. Genome Biol Evol. 2019 Nov 1;11(11):3240-3251. doi: 10.1093/gbe/evz236.

(業績2)世界的な流行系統群Klebsiella pneumoniae clonal group (CG)258は、非CG258系統群の生存に関わる多くの遺伝子を大規模な遺伝子組換えにより獲得した結果、生じた系統群である可能性を示した。

業績3

Nukui Y, Ayibieke A, Taniguchi M, Aiso Y, Shibuya Y, Sonobe K, Nakajima J, Kanehira S, Hadano Y, Tohda S, Koike R, Saito R. Whole-genome analysis of EC129, an NDM-5-, CTX-M-14-, OXA-10- and MCR-1-co-producing Escherichia coli ST167 strain isolated from Japan. J Glob Antimicrob Resist. 2019 Sep;18:148-150. doi: 10.1016/j.jgar.2019.07.001.

業績4

Ayibieke A, Sato W, Mahazu S, Prah I, Addow-Thompson J, Ohashi M, Suzuki T, Iwanaga S, Ablordey A, Saito R. Molecular characterisation of the NDM-1-encoding plasmid p2189-NDM in an Escherichia coli ST410 clinical isolate from Ghana. PLoS One. 2018 Dec 21;13(12):e0209623. doi: 10.1371/journal.pone.0209623.

(業績4)ガーナ初のNDM-1カルバペネマーゼ産生Escherichia coliを同定した。保有する接合伝達性プラスミド(p2189-NDM)は、NDM-1遺伝子周辺の構造解析(上) と 既知データベースとの分子遺伝学解析(下)により、これまで報告されたものと異なる遺伝的特徴を有し、特に様々な挿入配列による遺伝子組換えにより生じたことが示唆された。

業績5

Saito R, Talukdar PK, Alanazi SS, Sarker MR. RelA/DTD-mediated regulation of spore formation and toxin production by Clostridium perfringens type A strain SM101. Microbiology. 2018 May;164(5):835-847. doi: 10.1099/mic.0.000655.

(業績5)食中毒やガス壊疽の原因になるClostridium perfringens SM101株において、RelA(一部、DTDと共に)が外的環境に応じて生育、 芽胞形成、毒素産生を制御する機構とを明らかにした。