Now Loading...

医学科・大学院医歯学総合研究科(医学系)

教授
講師
助教
所在地
MAIL
分野HP

概要

研究・教育について

研究活動

本分野は、ポストゲノムアプローチ、システムバイオロジー、バイオインフォマティクス、分子生物学、発生学を融合させた次世代の発生・再生医学研究および臨床遺伝研究を遂行しています。 慢性炎症などの難病治療性疾患および先天性疾患に関わるゲノムの機能情報を高速、正確かつ網羅的に解析するシステムを立ち上げることで研究の効率化と高度化を目指し、新しい創薬ターゲットや診断法の開発を行います。これらのシステムをベースとして、基礎、臨床研究両面で難治疾患に関わる‘オールスター・サイエンティスト’のリアルタイム参加による新しい研究スタイルを提唱し、情報、技術、人的資源の集約を目指します。

また、これら新しい研究戦略・手法の確立と応用を通じて、医学部生の教育に携わり、日本の将来を担う研究者を養成します。

  1. 遺伝子改変マウスの作成や遺伝子改変マウスを用いた器官形成の分子生物学的な解析
  2. 内胚葉決定遺伝子SOX17変異マウスを利用した疾患モデルとしての応用
  3. 着床不全モデルマウスを用いた着床の分子機構の解析
  4. 早期卵巣機能不全症の疾患モデルマウスを用いた卵胞成熟機構の解析
  5. 造精子機能に関わる遺伝子改変マウスを用いた精子幹細胞制御の解析

教育活動

講義は実験動物実務者資格講習会と大学院医歯学総合研究科初期研究プログラムの[動物実験の進め方]などを行っている。