Now Loading...

保健衛生学科・大学院保健衛生学研究科

教授
講師
助教
所在地
MAIL
分野HP

研究・教育について

1. 研究テーマ

1) ナトリウムポンプに関する生化学的研究(原)
Na/K-ATPaseの反応機構とイオン輸送の分子機構をパッチクランプを用いた電気生理学的研究や酵素反応論的解析、植物のNaポンプcDNAのクローニング、中枢神経型Naポンプの転写調節因子の分子生物学的研究等を行っている。

2) 臨床化学に関する研究(河合、原)
ロイシン・アミノペプチダーゼ(アミノペプチダーゼN/CD13)の翻訳後修飾の解析をテーマにしている。特に同酵素ポリペプチド鎖のN末端プロセシングを明らかにし、関与するプロセシング・プロテアーゼの探索を行っている。

3) 神経伝達機構に関する研究(吉岡)
神経伝達物質を中心とする生理活性物質の機能とその分子機構に関して、電気生理学や生化学、分子生物学的手法など、多角的なアプローチによって研究を行っている。神経回路の可塑性の問題は学習や記憶の細胞レベルでの基礎をなす現象と考えられ、神経科学における重要な研究分野である。小脳は運動機能の学習に重要な中枢と考えられ、また、規則的な構造を持つことなどから、可塑性を研究するために適した部位である。そこで、ラット小脳のスライス標本を用いて、パッチクランプ法により神経活動の電気的活動を記録して、可塑性にかかわるシナプス活動の変化、形態や生化学的変化を観察してその分子的機構の解明をめざしている。また、得られたデータの解析のために、時系列解析法、ノンパラメトリック推定法など、新しい統計的データ解析法の開発の研究を行っている。


業績

業績1

Bioluminescent system for dynamic imaging of cell and animal behavior. Hara-Miyauchi C, Tsuji O, Hanyu A, Okada S, Yasuda A, Fukano T, Akazawa C, Nakamura M, Imamura T, Matsuzaki Y, Okano HJ, Miyawaki A, Okano H. Biochem Biophys Res Commun. 2012 Mar 9;419(2):188-93.

業績2

Visualization of enteric neural crest cell migration in SOX10 transgenic mouse gut using time-lapse fluorescence imaging. Miyahara K, Kato Y, Koga H, Dizon R, Lane GJ, Suzuki R, Akazawa C, Yamataka A. J Pediatr Surg. 2011 Dec;46(12):2305-8.

業績3

The dual origin of the peripheral olfactory system: placode and neural crest. Katoh H, Shibata S, Fukuda K, Sato M, Satoh E, Nagoshi N, Minematsu T, Matsuzaki Y, Akazawa C, Toyama Y, Nakamura M, Okano H. Mol Brain. 2011 Sep 23;4:34.

業績4

Abnormal enteric innervation identified without histopathologic staining in aganglionic colorectum from a mouse model of Hirschsprung's disease. Miyahara K, Kato Y, Koga H, Lane GJ, Inoue T, Akazawa C, Yamataka A. J Pediatr Surg. 2010 Dec;45(12):2403-7.

業績5

Sox10-Venus mice: a new tool for real-time labeling of neural crest lineage cells and oligodendrocytes. Shibata S, Yasuda A, Renault-Mihara F, Suyama S, Katoh H, Inoue T, Inoue YU, Nagoshi N, Sato M, Nakamura M, Akazawa C, Okano H. Mol Brain. 2010 Oct 31;3:31.

業績6

Neuroprotective effect of sonic hedgehog up-regulated in Schwann cells following sciatic nerve injury. Hashimoto M, Ishii K, Nakamura Y, Watabe K, Kohsaka S, Akazawa C. J Neurochem. 2008 Nov;107(4):918-27.

業績7

Beclin1-binding UVRAG targets the class C Vps complex to coordinate autophagosome maturation and endocytic trafficking. Liang C, Lee JS, Inn KS, Gack MU, Li Q, Roberts EA, Vergne I, Deretic V, Feng P, Akazawa C, Jung JU. Nat Cell Biol. 2008 Jul;10(7):776-87.