Now Loading...

医学科・大学院医歯学総合研究科(医学系)

教授
所在地
MAIL
分野HP

概要

研究・教育について

(1)教育:

  • 病院情報管理学
  • 医療におけるTQM
  • 生物学的バイアスとデータマネジメント
  • 医療政策統計学
  • Medical Informatics
  • 医療と法律、医療倫理
  • 判事補・検事への医療・医学研修
  • 東京工業大学大学院医歯工学連携特別コース:
  • 医学概論、人体機能学
  • 一橋大学複合領域コース:
  • 健康増進政策論、医学総論、医療危機管理論

(2)研究:

  • クリニカルパスの導入
  • 医療訴訟と専門情報、司法制度改革
  • 医療訴訟の質管理
  • 病院経営組織論
  • 医療政策
  • 診療情報の管理と個人情報保護
  • 医療におけるホスピタリティー
  • ガイドラインと医療の質
  • 診療科におけるレジデントスキル教育プログラム
  • 血液疾患における診断プロセス自動化
  • 医療工学的機器開発支援

業績

業績1

医療訴訟に関わる医療と法曹との相互理解を深めるために、東京地裁医療集中部でのシンポジウムを主催
1)浜秀樹、菅野博之、高瀬浩造 他. 医療界と法曹界の相互理解のためのシンポジウム 第3回. 判例タイムズ. 2011; 1355(2011-11-15): 4-46.
2)浜秀樹、藤波孝一、高瀬浩造 他. 医療界と法曹界の相互理解のためのシンポジウム 第2回. 判例タイムズ. 2010; 1328(2010-10-1): 5-35.

業績2

小児救急医療に関わる医療提供体制の意識について検討し、今後の小児救急医療体制の方向性を示した
1)照屋秀樹、高瀬浩造. 小児病院における小児救急医療の自己評価に関する研究. 日本小児科学会雑誌. 2012;116(3):564-571.

業績3

医療用ロボットの開発に必要な基礎的デバイス開発に関わる研究
1)Osaki M, Takayama T, Omata T, Ohya T, Kojima K, Takase K, Tanaka N. Proposal of a single-trocar assemblable hand for laparoscopic surgery. Advanced Robotics. 2011;25:1713-1728.
2)Ritsuya Oshima, Toshio Takayama, Toru Omata, Toshiki Ohya, Kazuyuki Kojima, Kozo Takase, Naofumi Tanaka. Assemblable Three Fingered Five-DOF Hand for Laparoscopic Surgery. JRSJ. 2008;26(5):453-461.
3)Toshio Takayama, Toru Omata, Takashi Futami, Hideki Akamatsu, Toshiki Ohya, Kazuyuki Kojima, Kozo Takase, Naofumi Tanaka. Hands with Detachable Fingers for Laparoscopic Surgery. JRSJ. 2007;25(3):478-484.

業績4

フローサイトメトリーによる小児白血病リンパ腫の診断分類方法の確立
1)Ohta H, Iwamoto S, Kiyokawa N, Tsurusawa M, Deguchi T, Takase K, Fujimoto J, Horibe K, Komada Y. Flow cytometric analysis of de novo acute myeloid leukemia in childhood: report from the Japanese Pediatric Leukemia/Lymphoma Study Group. Int J Hematol. 2011 Jan;93(1):135-137.
2)Iwamoto S, Deguchi T, Ohta H, Kiyokawa N, Tsurusawa M, Yamada T, Takase K, Fujimoto J, Hanada R, Hori H, Horibe K, Komada Y. Flow cytometric analysis of de novo acute lymphoblastic leukemia in childhood: report from the Japanese Pediatric Leukemia/Lymphoma Study Group. Int J Hematol. 2011 Aug;94(2):185-192.

業績5

平成23年度修士課程(MMA)論文

  • 1)泉 秀世:手術における材料標準化の現状および材料コストと術前リスクファクターの関係性に関する一考察
  • 2)島袋林秀:民間航空機定期便(エアライン)による小児患者搬送の問題点と提言
  • 3)諏訪洋平:二次医療圏の問題点と自治体病院の存在意義
  • 4)原茂順一:タイ王国の事例検討に基づいた、我が国におけるメディカルツーリズムのありかた
  • 5)安江 透:我が国における歯科技工界の将来について -海外製歯科技工物の是非-