• 学部長挨拶
  • 沿革・歴史
  • 医学部附属病院
  • 研究プロジェクト
  • セミナー・研究会・学会等
  • 医学研究奨励賞
  • 国際交流
  • 教職員向け情報
  • 国立大学法人東京医科歯科大学医師会
  • お茶の水会医科同窓会
  • お茶の水会看護同窓会
  • お茶の水会検査同窓会
  • 人材募集
  •      
  • 国際基準に基づく医学部医学科分野別認証評価受審
  •      
  • 医学部倫理審査委員会

  • 概要/overview

オーストラリア国立大学を本学教員と派遣学生が訪問しました

2015年6月22日,23日の2日間,本学医学部の協定校であるオーストラリア国立大学を,江石医学部長,淺原教授,髙田教授の3名が訪問しました。同大学との協定のもと,今年度から本格的に学生交流(プロジェクトセメスターで6名,臨床実習で4名派遣)を開始しています。今回の訪問では,更なる連携についても協議しました。

22日にはキャンベラ病院キャンパスでGlasgow医学部長及び臨床系教員と,23日には大学メインキャンパス内にあるJohn Curtin School of Medical ResearchでBekkers副所長及び研究室教員と派遣学生の修学状況及び今後の連携の在り方について協議し,その後,施設見学を行いました。

また,今回の学生派遣に際して,6月初旬に江石医学部長と髙田教授が在日本オーストラリア大使館を表敬訪問しておりましたが,今訪問中に,現在派遣中の学生とともに,在オーストラリア日本大使館の草賀純男大使を表敬訪問しました。草賀大使からは,今後両校間の協定を発展させるとともに,両国間の様々なレベルでの連携を強め,関係の発展に貢献していただきたいとのアドバイスがありました。

今後は,本学学生の派遣だけではなく,オーストラリア国立大学からの学生の受入れ,教員間の交流なども視野に入れ,両校のさまざまな取り組みが行われます。

東京医科歯科大学
江石 義信           医学部長
淺原 弘嗣           研究・国際展開担当副理事
髙田 和生           グローバルキャリア支援室長
針谷 綾花           医学科6年生 臨床実習派遣学生
末吉 国誉           医学科6年生 臨床実習派遣学生
竹内 将              医学科4年生 プロジェクトセメスター派遣学生
山口 泰生           医学科4年生 プロジェクトセメスター派遣学生
山口 良友           医学科4年生 プロジェクトセメスター派遣学生
埴岡 愛沙美        医学部4年生 プロジェクトセメスター派遣学生
大川 紗由里        医学部4年生 プロジェクトセメスター派遣学生
壷谷 友宏           医学部4年生 プロジェクトセメスター派遣学生

オーストラリア国立大学(ANU)
医学部
Nicholas Glasgow  ANU医学部長
Jane Dahlstrom   ANU医学部教員(病理学教授)
Sabari Saha       ANU医学部教員(老年病内科講師)
Matthew Cook       ANU医学部教員(免疫学教授)
Desmond Yip        ANU医学部教員(腫瘍内科准教授)
Geoff Farrell         ANU医学部教員(消化器肝臓内科教授)
Narci Teoh           ANU医学部教員(消化器肝臓内科教授)
Antoni Grech        ANU医学部職員(学生海外派遣担当)
Julia Legge           ANU医学部職員(海外学生受入担当)

John Curtin School of Medical Research(JCSMR)
John Bekkers    ANU医/生物/環境学部教授(JCSMR Cerebral Cortex Group),JCSMR
             副所長
Anna Cowan      ANU医/生物/環境学部副学部長
Madeleine Nicol   ANU JCSMR Public Affairs Manager
Carola Vinuesa    ANU医/生物/環境学部教授(JCSMR Humoral Immunity & Autoimmunity
              Group)
Julia Ellyard      ANU JCSMR Fellow(JCSMR Humoral Immunity & Autoimmunity Group)
Ehsan Arabzadeh   ANU医/生物/環境学部准教授(JCSMR Neural Coding Group)
Marco Casarotto   ANU医/生物/環境学部准教授(JCSMR Biomolecular Interactions Group)
Danny Rangasamy   ANU医/生物/環境学部教員(JCSMR Epigenetics & Genome Stability 
                           Group)
Keisuke Horikawa  ANU JCSMR Fellow(JCSMR Cancer Therapeutics Group)
Angela Dulhunty    ANU医/生物/環境学部教授(JCSMR Muscle Research Group)

アジアパシフィック学部
Simon Avenell     ANUアジアパシフィック学部准教授,日本研究所長
Shiro Armstrong   ANUアジアパシフィック学部Fellow,豪日研究センター(AJRC)長
Ikeda Shunichi     ANUアジアパシフィック学部日本センター長

在オーストラリア日本大使館
草賀 純男           大使
三輪 善英           一等書記官
伊東 裕子           大使秘書官


ANU医学部キャンベラ病院キャンパスにて
Glasgow医学部長ほかANU医学部教員と


John Curtin School of Medical Researchにて
Bekkers副所長ほかANUJCSMR教員と


在豪日本大使館にて
草賀大使と


ANU豪日研究センターにて
Avenell日本研究所長(前列左端)とArmstrong豪日研究センター長(前列中央)と池田日本センター長(前列右端)

ANUの様子


首都キャンベラにあるオーストラリア国立大学の全景


派遣学生が研究実習を行うJohn Curtin School of Medical Research (JCSMR) 


JCSMR研究所の建物内部


JCSMR研究所の免疫学研究室

ハイライト

原子間力顕微鏡で観察したヒト染色体

ヒトのリンパ球由来の染色体を溶液中においた状態で、原子間力顕微鏡で観察した像である。原子間力顕微鏡は鋭い探針で標本の表面をなぞることで、微細構造を画像化する装置である。原理的には、溶液中での観…

詳細はこちら >

アレルギーを抑える新たな仕組みを発見

大学院医歯学総合研究科免疫アレルギー学分野の烏山 一教授らの研究グループは、皮膚アレルギーにおいてアレルギーの「火付け役」を「火消し役」に変身させることで炎症を抑制して、アレルギーを終焉に向か…

詳細はこちら >

3D MRI画像解析による「病的近視」の原因解明

東京医科歯科大学と大日本印刷は共同で 日本人に多い「病的近視」の原因が眼球の変形や異常にあることを3D MRI 画像解析により解明しました。 本研究グループは今後印刷技術を用いた組織…

詳細はこちら >

  • 総務