Now Loading...

保健衛生学科・大学院保健衛生学研究科

教授
准教授
所在地
MAIL
分野HP

概要

研究・教育について

●学部教育:

  • 看護心理学:心の健康について理解を深めると共に、健康上の問題を抱える人々に精神的援助を提供するために必要な知識、技術、態度を養う。
  • 精神看護学:精神医学的な知識を看護学の視点から再構成し、対人関係技法を精神看護の実践に導入する上で必要な方法と理論的裏付けについて学ぶ。
  • 地域精神看護学:精神保健福祉をめぐる社会状況と制度やシステムへの理解を踏まえ、精神障害者の自立と社会参加の支援に向けた役割について学ぶ。
  • 精神看護学演習:精神疾患患者の看護を中心に、あらゆる精神的援助の方法とその理論的背景について習得する。
  • 精神看護学実習:「看護場面の再構成法」、「異和感の対自化」、「問題の明確化」シートを活用し、自己理解を深めることを通じて精神看護の実践能力を高める。

●大学院教育:

  • 1. 精神保健看護学特論A-1:人々の精神状態や発達課題について判断するための基準や枠組みと共に、様々な年代や健康状態の人々に対する精神的援助を支える技術や方法とその理論的な背景について習得する。具体的には、精神医学的診断法や心理測定法、並びに精神医療法を始めとする様々な精神科治療の技術と方法の蓄積に学びながら、看護学独自の視点に基づく評価と援助の方法について修得する。
  • 2. 精神保健看護学特論A-2:精神的な問題をもつ人々とその家族に適切な看護的援助を提供する上で必要な内省技法、面接技法、グループワーク技法の理論的背景を学ぶと共に、精神保健看護学の分野における研究倫理、参加観察と質的研究の方法論について理解を深め、臨床家の問題意識に沿って研究課題を発見して明確化できる能力、ならびに研究成果を臨床の場で実践できる能力を修得する。
  • 3. 精神保健看護学演習A:対人関係論、集団力動論の視点と方法論に則った看護事例検討会への参加とその振り返りを通じて、事例分析や看護評価の方法とその理論的背景、並びにグループによるスーパービジョン、コンサルテーションの実際を体験すると共に,個別のスーパービジョン、コンサルテーション、相談面接の理論と方法について習得する。
  • 4. 精神保健看護学特論B-1:対人関係論、集団力動論の視点と方法論に則った看護事例検討会への参加とその振り返りを通じて、事例分析や看護評価の方法とその理論的背景、並びにグループによるスーパービジョン、コンサルテーションの実際を体験すると共に、個別のスーパービジョン、コンサルテーション、相談面接の理論と方法について習得する。
  • 5. 精神保健看護学特論B-2:司法精神医療、司法精神医学、司法精神看護学の現状と課題、並びに理論的、歴史的背景の検討を中心に、暴力等による自傷他害の行為の見られる精神疾患患者の回復と自立の促進に向けた早期介入や入院時の個別ケアと併せて、心理教育、認知行動療法、芸術療法等の集団療法や、患者の自助活動を重視する治療共同体的な実践の方法論について習得する。
  • 6. 精神保健看護学演習B:精神疾患患者の病状や心理社会的状況に応じた看護契約、権利擁護、アメニティ向上のための方法論、並びに急性期・回復期の看護、リハビリテーション看護、家族看護、在宅看護ならびにそれらの活動の充実に向けた看護管理やチーム医療を支える理論と方法論について、講義と討議によって習得する。
  • 7.精神保健看護学実習:適切な看護的援助を提供する能力を基盤に、看護職への相談、他職種との連携・調整を担う実践能力、臨床実践に根ざす研究・教育を行う能力を修得する。
  • 8. 精神保健看護学特論(博士後期課程):精神的な看護援助の方法論的な確立に向けて、看護的介入の実施・評価・教育を担い得る高度な実践能力を習得する。精神健康の質的向上に寄与し得る学際的な研究を行い、国内外に発表、自立して研究ができる能力を習得する。
  • 卒研生とスタッフメンバー

    卒研生とスタッフメンバー

  • 著書

    著書

  • 授業風景

    授業風景

業績

業績1

田上美千佳:社会精神医学における精神看護学の役割と日本社会精神医学会への期待 日本社会精神医学会雑誌. 2015.05; 24 (2): 154-160.

業績2

Nakanishi M, Niimura J, Tanoue M, Yamamura M, Hirata T, Asukai N : Association between length of hospital stay and implementation of discharge planning in acute psychiatric inpatients in Japan. Int J Ment Health Syst. 2015.06; 9 (23):

業績3

美濃由紀子,村重菜摘,田上美千佳,宮本真巳:看護場面の再構成による臨床指導 援助関係づくりのつまずきを越えて — 感情活用によるストーリーの書き換え- 精神科看護. 2015.07; 42 (8): 62-69.

業績4

美濃由紀子,中川佑架,宮本真巳:司法精神医療における内省深化に向けた多職種チームアプローチ -MDT(Multi Disciplinary Team)会議の再現を通して- 日本精神科看護学術集会誌. 2015.11; 58 (3): 292-296.