Now Loading...

保健衛生学科・大学院保健衛生学研究科

教授
講師
所在地
MAIL
分野HP

概要

研究・教育について

学部教育

4年次で学習する地域保健看護学として位置づけられていた在宅看護学を独立させ、2年次より学習をすることとしました。高齢社会への対応を考慮し、介護保険制度を含む在宅療養支援の仕組みを学ぶとともに、医療依存度の高い療養者、終末期療養者への支援につながる看護も学びます。実習は地域包括支援センター、退院調整部門、訪問看護ステーションで行い、多様な場で看護職が果たしている役割について学びます。

大学院教育

訪問看護、退院調整支援、地域における他職種との連携、在宅ターミナルケア等の研究課題に対する講義演習を行い、これらの学習と臨床経験を基に、高齢社会における在宅看護の課題に注目し、それぞれ実践的な研究に取り組んでいます。在宅看護に対する期待が高まる現在の社会情勢を鑑み、実践の場で活動ができ、かつ、今後指導的立場で教育・実践・研究に関われる人材の育成を目指しています。

研究

研究課題は在宅看護学における実践的な問題解決または改善の方策についての研究に取り組んでいます。また、複雑な問題をもつがん患者や慢性疾患患者、その家族への経験や困難を明らかにすることから専門的な看護援助を検討しています。具体的内容は以下に示すとおりです。


  1. 在宅ケアにおける自立支援からターミナルケアまでの健康状態や障害レベルに合わせた実践的研究

  2. 在宅ケアにおけるアウトカム評価・ケアの提供方法・ケアマネジメント・ケアシステム・運営管理方法・継続ケア

  3. 健康問題や生活問題を持つ人々の家族を単位としたケア技術の理論構築と実践への応用

  4. 訪問看護を取り巻く介護医療に関わる制度およびサービス提供体制

  5. 訪問看護師への支援体制作り

  6. 神経難病患者・がん終末期患者等医療依存度の高い療養者の訪問看護

  7. 在宅ケアに関わる保健福祉医療等他職種の連携

  8. 訪問看護における高齢者ケア、ターミナルケア

  9. 病院から在宅への移行期における緩和ケア

  10. がん患者家族への在宅での療養支援

  11. 抗がん剤治療を受ける患者への看護支援

  12. 癌患者の病気受容への看護支援

  13. 地域住民のネットワーク形成

  14. 在宅療養者への栄養サポート

  15. 慢性疾患患者のセルフケア支援

  • ゼミではディスカッションしながら各自の研究テーマを進めている

    ゼミではディスカッションしながら各自の研究テーマを進めている

  • 大学院生は適宜学術集会などの場にて研究成果を公表している

    大学院生は適宜学術集会などの場にて研究成果を公表している

業績

業績1

Reiko Takeu, Akiko Honda. Development and evaluation of community residents participating in livelihood support system for community-dwelling cancer patients (CPL-CCP system) J. Ochanomizu Asso. Acad. Nurs.. 2017.01; 11 (1/2): 1-28.

業績2

Hiroko Toyama, Akiko Honda. Using narrative approach for anticipatory grief among family caregivers at home Global Qualitative Nursing Research. 2016.12; 3 1-15.

業績3

竹生 礼子, 本田 彰子. 在宅がん療養者の生活支援を住民が行うことに対する療養者と住民の期待と躊躇 家族とサービス提供者の語りから 看護総合科学研究会誌. 2016.01; 16 (2): 17-30.

業績4

日本訪問看護振興財団:訪問看護OJTガイドブック,2011.(在宅看護教育研究会 (代表 本田彰子)によって開発された訪問看護師学習支援プログラムの解説書) 本田彰子:実践の場における訪問看護師学習支援プログラムの開発,訪問看護と介護,17(5),407-411,2012.