Now Loading...

保健衛生学科・大学院保健衛生学研究科

教授
助教
特任助教
所在地
MAIL
分野HP

概要

研究・教育について

高齢者看護の実践や高齢者ケアシステムの発展をめざした研究を実施しています。今年度の主な研究テーマは以下の通りです。このほか、大学院生はそれぞれの関心に応じた取り組みを行っています。


緒方

  • 1)安全で質の高いケアを実現するHealthy Work Environment(HWE)およびマネジメントのあり方に関する研究
  • 2)看護サービスの質評価に関する研究
  • 3)高齢者看護や高齢者ケアシステムに関する研究

岡本

  • 1)高齢者施設における身体拘束に関する研究
  • 2)訪問看護における栄養ケアに関する研究
  • 3)在宅看取りにおける訪問看護・訪問介護・介護支援専門員間の協働のあり方に関する研究

学部教育では、高齢者の心身・社会経済的な変化に関する理解を基盤として、老年期に発症しやすい健康障害・機能障害とそれらに対する基本的な支援技術を習得することを目指しています。主な方針として、①老年期にある対象を理解するための基本的概念・理論を学ぶ、②老年看護学の背景となる日本社会における保健・医療・福祉の動向を知り,医療チームの一員として多角的な視野をもって看護を提供するための基本的な態度を養うことをあげています。

大学院教育では、高齢者看護に関する理論・専門的知識や支援方法・理論を学び、効果的な実践や包括的なケアシステム開発を推進していける能力を養成していくことを目指しています。主な方針として、①高齢者看護のスペシャリストとして健康問題に対応し、問題解決できるように、高齢者とその家族の身体的・精神的・社会的な多側面からのアセスメントの方法を学ぶとともに、より専門的・発展的な高齢者看護の知識と技術を習得すること、②高齢者のソーシャルサポート及び保健医療福祉政策に関する知識を深め、それらを実践に活用できる能力を養うことをあげています。


  • ゼミの様子:今年は看護システムマネジメント学と合同で行っています

    ゼミの様子:今年は看護システムマネジメント学と合同で行っています

  • 研究室のメンバー

    研究室のメンバー

<平成23年度 論文発表(欧文)>

業績1

Okamoto Y, Motomura N, Murashima S, Takamoto S. Anxiety and depression after thoracic aortic surgery or coronary artery bypass. Asian Cardiovascular & Thoracic Annals. (in press)

業績2

Yamagishi A, Morita T, Miyashita M, Igarashi A, Akiyama M, Akizuki N, Shirahige Y, Eguchi K: Pain intensity, quality of life, quality of palliative care, and satisfaction in outpatients with metastatic or recurrent cancer: a Japanese, nationwide, region-based, multicenter survey. J Pain Symptom Manage, 43(3), 503-14, 2012.

業績3

Ko A, Takasaki K, Chiba Y, Fukahori H, Igarashi A, Takai Y, Yamamoto-Mitani N. Aggression exhibited by older dementia clients toward staff in Japanese long-term care, J Elder Abuse Negl, 24(1):1-16, 2012.

業績4

Igarashi A, Miyashita M, Morita T, Akizuki, N, Akiyama M, Shirahige Y, Eguchi K. A scale for measuring feelings of support and security regarding cancer care in a region of Japan: a potential new endpoint of cancer care. Journal of Pain and Symptom Management, 3(2):218-25, 2011.

<平成23年度 学会発表(国際学会)>

業績1

Okamoto Y, Motomura N, Murashima S, Takamoto S. Anxiety and depression after thoracic aortic surgery or coronary artery bypass: Mid-Term Psychological Outcomes The 20th Annual Meeting The Asian Society for Cardiovascular and Thoracic Surgery(ASCVTS), 2012,Mar.

業績2

Okamoto Y, Yamamoto-Mitani N, Takai Y, Fukahori H: Care Managers’ Support for Family Caregivers Regarding Adult Day Care Use, The 10th International Family Nursing Conference, p272, 2011, Jun.

業績3

Takai Y, Yamamoto-Mitani N, Okamoto Y, Fukahori H: Strategies adopted by Family-caregivers of Older Adults with Dementia when Seeking/Using Social Services, The 10th International Family Nursing Conference, p275, 2011, Jun.

業績4

Matsuura S, Sasai Y, Ko A, Sakai S, Takai Y, Okamoto Y, Yamamoto-Mitani N: The collaboration between care managers and family caregivers of older adults with dementia in the use of social services, The 10th International Family Nursing Conference, p272, 2011, Jun.

業績5

Murayama N, Takai Y, Okamoto Y, Yamamoto-Mitani N: Care-related Needs of Family Caregivers of Older Persons with Dementia : A Comparison between Male and Female Caregivers, The 10th International Family Nursing Conference, p267, 2011, Jun.

<平成23年度 学会発表(国内)>

業績1

山本則子、本田彰子、岡本有子、高井ゆかり、松浦志野、深堀浩樹、柴崎美紀、大木正隆、鈴木祐恵、金川克子、石垣和子:高齢者訪問看護質指標を用いたインターネット訪問看護支援システムの有効性検討:認知症ケア・家族支援、第31回日本看護科学学会学術集会講演集、p333、2011.12.

業績2

山本紘子、岡本有子、高井ゆかり、山本則子:看護助手の捉える看護助手―患者間のコミュニケーション、第31回日本看護科学学会学術集会講演集、p368、2011.12.

業績3

渡邊ともね、高井ゆかり、岡本有子、山本則子:Advanced Practice Nurseと経済評価:文献レビュー、第31回日本看護科学学会学術集会講演集、p553、2011.12.

業績4

石橋智昭、五十嵐歩、新津ふみ子、高野龍昭、池上直己:アセスメントデータを用いた在宅ケアの質の評価(その1) interRAI開発のHC-QIの活用、老年社会科学、33(2)、p350、2011.

業績5

五十嵐歩、石橋智昭、新津ふみ子、高野龍昭、池上直己:アセスメントデータを用いた在宅ケアの質の評価(その2) 居宅介護支援事業者におけるHC-QIの適用、日本老年社会科学、33(2)、p351、2011.

<平成23年度 受賞等>

業績1

平成23年度日本在宅ケア学会奨励論文賞:奥村朱美, 山本則子, 小林小百合, 岡本有子, 深堀浩樹:訪問看護における認知症ケアの構造化.日本在宅ケア学会誌, 2011;14(2),26-33