Now Loading...

保健衛生学科・大学院保健衛生学研究科

教授
准教授
助教
所在地
MAIL
分野HP

概要

研究・教育について

研究については、以下の2つの主要なテーマについて取り組んでいます。

【先端・高度医療を受ける患者および家族に対する看護ケアの開発】

疾病や外傷、侵襲的治療によって生命危機状況にある患者の治療に伴う苦痛や不安を緩和し、患者や家族のQOL向上を目指した様々な視点からの研究に取り組んでいます。例えば、侵襲的治療下にある患者について、療養プロセスにおける体験を構造化することや、ケア効果を測定するツールの作成、患者の治療や看護に携わる医療チームの連携や機能等に関する調査などを行っています。

【慢性的な健康問題を抱える患者および家族の主体的療養を促進するための研究】

慢性疾患を抱え不確かさを感じながら療養する患者や家族が、主体的に症状や生活をマネージメントしていけるよう、様々な視点からの研究に取り組んでいます。例えば、自己管理行動の阻害要因と促進要因の解明、受容や意思決定のプロセスの構造化、自己管理の実態やそれが疾患管理に与える影響の調査などを行っています。

教育については、学部教育では成人看護学を担当しています。2年次では、講義を中心として成人期にある人々の理解と必要な看護の原則について教授しています。3年次前期では、シミュレーションを取り入れた演習で実践に必要な知識と技術、態度の統合を行い、第一線で活躍する看護師による実践論の講義を通して、多様な看護の可能性について学生の理解や関心の向上を支持しています。そして、3年次後期には、本学医学部附属病院の看護管理者、臨床実習指導者との連携のもとに成人看護学実習を展開しています。また当分野での卒業研究を選択した学生については、学生の知的好奇心を大いに刺激しつつ指導に当たっています。

大学院教育では、当分野の研究指導は、学生個々の興味やテーマを尊重しつつ、学位論文として当該領域の発展に寄与する研究となるよう、ゼミと個別指導を効果的に組み合わせて実施しています。クリティカルケア看護をはじめとする成人領域における看護の専門性の追求と発展を目指した教育、研究指導に加え、急性・重症患者看護専門看護師の教育を行っています。

  • 研究室メンバー

    研究室メンバー

  • 海外からゲスト講師を迎えての特別勉強会

    海外からゲスト講師を迎えての特別勉強会

業績

業績1

Kawakami A, Tanaka M, Ochiai R, Naganuma M, Kunisaki R, Kazuma K. Difficulties in performing mesalazine enemas and factors related to discontinuation among patients with ulcerative colitis. Gastroenterology Nursing. 2017; 40(3) (in press).

業績2

Tanaka M, Kawakami A, Iwao Y, Fukushima T, Yamamoto-Mitani N. Coping strategies for possible flare-ups and their perceived effectiveness in patients with inflammatory bowel disease. Gastroenterology Nursing. 2016; 39(1) 42-47.

業績3

野口綾子、井上智子:Light Sedation(浅い鎮静)中のICU人工呼吸器装着患者の体験、日本クリティカルケア看護学会誌、12(1)、39-48、2016

業績4

Fukuda T,Inoue T,Kinoshita Y,Yukawa T. Effectiveness of ICU Diaries:Improving “Distorted Memories” Encountered during ICU Admission. Open Journal of Nursing. 2015; 5,313-324.

業績5

石塚紀美、井上智子:救命救急領域における家族の代理意思決定時の思いと看護支援の実態、日本クリティカルケア看護学会誌、11(3)、11-23、2015