Now Loading...

保健衛生学科・大学院保健衛生学研究科

教授
講師
所在地
MAIL
分野HP

概要

研究・教育について

(学部教育)
分析化学検査学が中心であり、臨床検査現場ではいわゆる一般検査および臨床化学検査領域にあたります。この分野はもっとも自動化が進んでいる分野です。高度専門職業人として検査現場のリーダーあるいは指導者として活躍できる人材の育成のために、あるいは、企業においては検査の知識をベースにしたスペシャリストとして独自の業務を遂行できる人材を育成するために、分析法の原理や特徴および得られた結果の臨床的意義を解釈できる基礎的教育を目指しています。それをベースに自ら考え、問題を解決し、さらには発展させていく創造的能力の育成が最終目標です。 

(大学院教育)
研究の基礎となるのは分析技術です。確かな分析技術なくして、すばらしい研究成果が得られることはありえません。先端分析検査学分野では、信頼できる分析技術の重要性を理解し、その技術を習得することを第一の目的としています。次にその技術を基盤として、臨床検査分野で必要とされている新たなバイオマーカーの考案と測定法の開発、および臨床的有用性の評価を目指しています。これら一連の研究プロセスを通じて、各種分析技術の習得とその原理、特徴および限界を理解することに加えて、自ら実験を立案し、その実行のために最適な手法を選択できる研究構築能力を育成します。また、学会発表や論文発表を通じて、得られた研究成果を情報として発信する能力を育成します。

(研究)
心血管疾患発症のリスクを予見可能な血清バイオマーカーの開発を目指しています。具体的にはリポ蛋白に注目し、特に抗動脈硬化作用を有すると考えられているHigh-Density Lipoprotein(HDL)を研究対象としています。HDLの構成蛋白であるアポ蛋白AIの切断や化学的修飾がHDLの機能に及ぼす影響を解析するとともに、それらの定量法を開発し、血清バイオマーカーとしての可能性を追求しています。


(主な研究対象)
  • ・truncated apolipoprotein(apo)AI
  • ・N-homocysteinylated apoAI
  • ・apoAI-apoAII heterodimer

  • 2012年の研究室旅行

    2012年の研究室旅行

  • 開発した抗体で血清中truncated apoAIの存在を証明しました

    開発した抗体で血清中truncated apoAIの存在を証明しました

  • Non coding RNAをターゲットとした病態解析、診断技術および治療開発

    二次元電気泳動によるchymase処理apoAIフラグメントの解析

業績

業績1

Miyazaki A, Sagae N, Usami Y, Sato M, Kameda T, Yoshimoto A, Ishimine N, Matsuda K. Sugano M, Hara M, Honda T, Tozuka M. N-homocysteinylation of apolipoprotein A-I impairs the protein's antioxidant ability but not its cholesterol efflux capacity. Biol Chem 2014, DOI 10.1515/hsz-2013-0262

業績2

Matsuhashi M, Tsuno NH, Ikeda T, Mishima Y, Watanabe-Okochi N, Santoso S, Tozuka M, Takahashi K. The frequencies of SLC44A2 alleles among the Japanese population. Tissue Antigens 81: 227-228, 2013

業績3

Ono Y, Kurano M, Ohkawa R, Yokota H, Igarashi K, Aoki J, Tozuka M, Yatomi Y. Sphingosine 1-phosphate release from platelets during clot formation: close correlation between platelet count and serum sphingosine 1-phosphate concentration. Lipid Health Dis 2013, 12:20. doi:10.1186/1476-511X-12-20

業績4

Usami Y, Kobayashi Y, Kameda T, Miyazaki A, Matsuda K, Sugano M, Kawasaki K, Kurihara Y, Kasama T, Tozuka M. Identification of sites in apolipoprotein A-I susceptible to chymase and carboxypeptidase A digestion. Biosci Rep 33:49-56, 2013

業績5

Kameda T, Usami Y, Shimada S, Haraguchi G, Matsuda K, Sugano M, Kurihara Y, Isobe M, Tozuka M. Determination of Myeloperoxidase-Induced apoAI-apoAII Heterodimers in High-Density Lipoprotein. Ann Clin Lab Sci 42: 384-391, 2012